Open
a fortune-telling that produces results
When the result of the fortune is bad, i teach how to make it somehow better, and run! !
When the result of the fortune is good, it supports it so that it becomes better, and to realize it surely.
This is a difficult problem and an incurable disease is all about life OK.
時空研The fortune-telling of! !
Please read the contents of the blog after understanding it because it shows the contents confirmed by the hooch, IF test, and O-ring test, or the empirical result, and it is not a medical, pharmaceutical, and scientific verification.

Official Blog

Latest announcements


2022年6月29日 : Furumura Myoto Transmission
働き盛りの世代、ミネラルはとっても重要なようです!

[1]シミやくすみを防ぐ
角質細胞を作るのを助けるカルシウムの摂取はシミやくすみの防止にもつながる。
[2]老化を遅らせる
マグネシウムが不足すると代謝が鈍って老化が進みやすくなるといわれる。
[3]デトックス効果
マグネシウムや亜鉛などのミネラルはカラダに蓄積した重金属の排出を促す。
[4]肌のバリア機能UP
カルシウムには細胞同士のつながりを強くしてバリア機能を高めるという働きも。
[5]血液をキレイにする
塩に含まれるナトリウムは心臓を動かすほか、全身を巡って血液をキレイにする役割がある。
[6]糖尿病のリスクを抑制
十分なマグネシウムの摂取は、糖尿病の発症リスクや血圧の低下が期待できる。
[7]イライラしにくくなる
必須ミネラルは脳神経の働きにも関与しており、不足するとイライラや疲労感の原因に。
[8]料理が美味しくなる
海塩には豊富なミネラルが含まれているため、料理の味わいが奥深いものになる。

お高いサプリメントでミネラルを補充するなら伝統製法の海塩が最もよい!
歩行は人体の最も優れた調整機能、同じように身近な海の塩が人体に最も近いミネラルバランスだそうです。最も良いものは遠くにあるのではありません。もっと自然体で身の回りにあるのですね!そうさせている設計者がいるのでしょう。ただエゴが強く働くとそれが見えなくなってしまうこともあるんですね。
> >

2022年6月29日 : 首都圏リアルセミナー

2022June 26, 2010 : The Absolute Samurai
絶対の雫から絶対の塩ならぬ
 綿津見之塩(ワタツミの塩) 新発売 7月1日発送開始!
絶対の雫ホームページ(只今、準備中メールにて)よりお問い合わせください!

塩抜きになっていてはいけません!
絶対化エネルギー塩で元気に顔晴りましょう!
この暑さの中、ホントに元気になります!

2022June 17, 2008 : Yokaichi Practical Seminar


古村明都のパートでは必殺仲良しノウハウを実習します!
必殺です。タダで出来ます。一緒に学べたら幸いです。

2022June 17, 2008 : Furumura Myoto Transmission
心の世界が現象化してくるには法則があるような感じです。
組織のマネジメントを考えてみると2:6:2の法則があります。
一般的に組織は、意欲的に働く上位20%、普通に働く中位60%、怠け者の20%に分かれる傾向が髙い、というのが「2:6:2の法則」の法則です。

この法則はよく「働きアリの集団」でも見られるそうです。働きアリの中で、積極的に食料を集めるために働くのは全体の2割、6割は普通に働き、残りの2割はさぼっています。
この積極的に働く上位2割が、全体の8割の食料を集めているそうです。

面白いのは、下位20%を駆除したとしても、残された80%のうち20%がまたサボり始め、逆によく働いていた上位20%を間引いたとしても、残された80%のうちの20%が積極的に働くようになるそうです。

集団の構成員が変わったとしても、「2:6:2の法則」の構造は生まれ続けるのです。
エリート選手ばかりを集めた巨人軍が強くならないということは豊治先生の会話によく出てくることでした。
これには集団にはその集団の業因があるからと考えられます。
つまり、積極的に前進する業因が2割、普通に前進する業因が6割、現状維持の業因が2割です。
この辺りを、次週26日(日)のオンラインライブセミナーで特集したいと思います!
Stay tuned!