2020年3月25日

抗生物質のリスク
 抗生物質が効かない菌(薬剤耐性菌)が存在するということを、一般の人に知ってもらおうと企画された。菌が耐性を持つと、それまで抗生物質で治療できていた病気に対して薬が効かなくなり、最悪のケースでは命を落とすことにもつながる。

風邪で抗生物質効果なしを証明

 普段から「抗生物質が不要な病気には使わない」ということが重要になる。抗生物質がいらない病気の最たる例が、今の時期にはやっている風邪だ。「鼻の風邪、のどの風邪、おなかの風邪など、さまざまな風邪がありますが、いずれも原因の9割は細菌ではなく、コロナウイルスやライノウイルス、アデノウイルスといったウイルス感染によるもの。

抗生物質は細菌に効く薬なので、ウイルス感染による風邪には効きません」。


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj