2020年3月9日

風邪の治療と抗生剤について
風邪の原因は80~90%がウイルスであり、残り10~20%が細菌やマイコプラズマ、クラミジアといった病原微生物による感染が原因です。病原微生物に感染した場合は抗生物質による治療が必要になりますが、ウイルス感染には抗生物質は必要ありません(※ウイルス感染による風邪でも、細菌感染を合併している場合は抗生剤の投与が必要になります)。

?  風邪を引き起こすウイルスは400種類以上
? 風邪を引き起こすウイルスとしては「パラインフルエンザウイルス」、「ライノウイルス」などが代表的ですが、それぞれのウイルスがいろんな型(カタチ)を持っていて、全部で400種類以上ものウイルスが風邪の原因となります。これほどたくさんの風邪ウイルスが存在するため、何度もかかってしまうのです。
ウイルス性の風邪に抗生剤は不要

? ウイルス性の風邪には抗生剤は必要ありません。昔は、風邪をひいてから細菌感染を合併することが多かったため、予防のために抗生剤がよく処方されていましたが、現在では細菌感染の予防はできないことがわかっています。
‥‥氏名  全細胞の一切のウイルス・‥‥メビウスっで括り
SZMへ・・・・Ok
時空研 直接メール問い合わせはコチラをクリック
メールアドレス
jikuukenn@gmail.com



̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj