2020年2月12日

自律神経系の概要
             自律神経系の解剖
自律神経系は全身に分布していて、血管、胃、腸管、肝臓、腎臓、膀胱、性器、肺、瞳孔、心臓、汗腺、唾液腺、消化腺などの内臓を支配しています。
自律神経系は、以下の2つに分けられます。
・交感神経系 
・副交感神経系
自律神経系は、体内や体外の環境に関する情報を受け取って、体内プロセスを制御します。機能を刺激(促進)するには主に交感神経系、機能を抑制するには主に副交感神経系が使われます。
自律神経系における情報伝達には、以下の2種類の化学伝達物質(神経伝達物質)が利用されています。
・アセチルコリン
・ノルアドレナリン



̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj