2020年2月10日

迫る金融大改革
ベンジャミン氏
フーチ 80%
 製造業をはじめ軒並み最低を記録するアメリカの実体経済。経済状況のさらなる悪化を受け、トランプは以下のようなツイートを発信している。
 我が国はドイツや日本や他諸国より金利を低くするべきである。我々は圧倒的に、最大かつ最強だが、連銀は国際競争を不利にさせている。中国は我々の問題ではない、連銀が問題だ!でも我々は勝つ。

世界の色々
 ・壊れゆく日米同盟
  安倍は日米安保条約を「不滅の柱」というが、米国にとっては「カネ次第」。アフガンとイラクからの米軍撤収を急ぐトランプは、後事を関係国の自己責任とする方針。同盟の腐食が進む一方だ。
 ・イオン、二十三年ぶり新社長の真っ暗な船出
  本業の小売りは惨めなほどの低収益。金融・不動産事業が命綱だが、リスクは多い。地方の人口減のあおりを受け、有利子負債も膨張し、財務も苦しい。次の岡田家「大政奉還」まで、会社は持つのか。







̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj