2020年2月5日

人生に奇跡をもたらす法則①
ディーパック・チョプラ氏
古代インド哲学、量子力学、システム科学の一致点
 私たちが宇宙の一部であり、宇宙と一体である、そしてその宇宙は無限の想像力をもっている、という考え方は、実は、古代インド哲学や宗教の教えであるだけではありません。現代の量子物理学やシステム科学の語るところともぴったり一致した考えだ、とチョプラはいいます。
 現代の量子物理学によれば、宇宙全体を、もっとも小さなミクロのレベルで捉えると、「量子のスープ」のようなもの、膨大なエネルギーと情報からなる「場」ということになるようです。そして、そういうレベルでは、宇宙にはまったく分離はありません。すべてがつながりあっていて、一体なのです。
 そうした量子のスープやエネルギーと情報が、特定の場所でいわば濃く凝縮した(局所化)のが、形をもって現われている「物」だということになるのです。
成功について
 成功にはいろいろな面があり、物質的な富は一つの要素にすぎません。さらに、成功は旅であって、終着点ではないのです。物質的な豊かさは、成功という現象全体の中で、その旅を喜びに満ちたものにするものの一つとして起こることです。成功には、それだけでなく、いい健康状態、人生へのエネルギーと情熱、心満たされる人間関係、創造的な自由、情緒的・心理的な安定、幸福感、そして心のやすらぎなども含まれています。
 私たちは、どこに行こうと、何を見ようと―子どもたちの瞳の中に、花の美しさの中に、鳥の飛翔の中に―そこに必ず神を感じます。私たちが自分の人生を―時々ではなく、いつも―神性の奇跡的な現われとして体験するようになったら、その時、成功のほんとうの意味がわかるでしょう。





̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj