2020年1月10日

天海=明智光秀説
本能寺の変で織田信長を討ち、山崎の戦いで豊臣秀吉に敗北した明智光秀。明智光秀にはこんな噂があります。
?「明智光秀は、山崎の戦いで豊臣秀吉に敗れ、落ち武者狩りで殺された、または致命傷を受けて自害したといわれている。だが本当は生き延びて僧となり、南光坊天海と名乗って徳川家康の参謀になり、徳川秀忠、徳川家光にも影響を及ぼした」。
光秀天海説の根拠
・天海の遺品のなかに甲冑と鉄砲が現存するため、元は武将だったと考えられる。
・栃木県の日光に「明智平」と呼ばれる場所があり、天海が名付けたと伝えられている。
・徳川家光の乳母は光秀の重臣斎藤利三の娘、春日野局というのは有名だがそれだけではない。
・家光の子の徳川家綱の乳母には、明智光秀の重臣、溝尾茂朝の孫の三沢局が採用されている。
・明智光秀と天海は地蔵菩薩を信奉していたことが分かっており、それぞれが奉納した地蔵菩薩像が京の廬山寺と江戸の正徳院にある。
・天海の墓所が、明智光秀の居城があった近江坂本にある。
・関ケ原の戦いで豊臣についた大名の中で徳川に許されたのは、光秀とともに戦った者だけ。
・日光東照宮には明智の桔梗紋がある。
日光「明智平」の名付け親だった?日光東照宮には明智の家紋がある?光秀は濡れ衣を着せられた!光秀は家康の命の恩人だった!光秀は比叡山に落ち延びていた!家康の影で参謀的役割を果たした?107歳という長寿を全う。家康の側近を務めたという「天海」。




̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj