2019年12月29日

がんの早期発見
 がんが全て恐ろしい病気だったのは昔の話。今では治せるがんが多くなった。治すために肝心なのは初期段階で発見することだ。いくら治療が進歩しようが、進行したがんの治療は難しい。がんを初期で発見するには、その知識を備えなくてはならない。
   ☆問題はガンもどきをガンにされるリスク



2022年からの日本経済、
その残酷な現実②  終わり
 個人でできることは何か。社会の「老巧化」から生じる危機の数々。知れば知るほどめまいがする。この危機を突破する方法はあるのだろうか。「ジャパン・アズ・ナンバーワン」を著したエズラ・ヴォーゲル氏の息子で、カリフォルニア大学バークレー校のスティーヴン・ヴォーゲル教授は、こう言う。
 確かに、このままいけば日本は奈落の底に落ちるでしょう。しかし、救われる道はあります。シンプルな提言のひとつとして、教育への投資があります。日本の教育レベルは高いですが、ITなどソフトエンジニアリングの教育は世界と比べると遅れているように見えます。労働力の不足を補うためにも、IT活用は必須です。それを駆使できる人材を育てるため、教育への投資を進めるべきなのです。
 このような、考え得る限りの改革をいち早く進めること。いまはまだ、日本の人口も年齢構造も安定した状態にありますが、これが崩れるまでに改革を進めなければ、地獄のような状況が待っています。
 国や社会がやるべきこととは別に、個人で生活を守るためにできることはあるのだろうか。経済評論家の森永卓郎氏は、ひとつの選択肢として、都市部に住むことをあきらめること」を提案する







̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj