2019年10月4日

 厄介な面倒な病気
パーキンソン症候群
手の震え 歩きにくい 転びやすい 動作緩慢
 今は治るんです
 症状(パーキンソン)完治に関わる
全ソマチッドの実相 絶対化→SZM又pzm
・・・・
良性発作性頭位めまい症   多い
 耳の三半規管の故障 カルシューム抜く

良性発作性頭位めまい症完治に関わる
 全ソマチッドの絶対化→SZM又pzm

 症状完治に関わる
全ソマチッドの実相 絶対化→SZM又pzm
これを持ち歩



何が本当!?
 21世紀以降のIT、AI、ロボットによるイノベーションは、コストを抑えるための自動化を最大限まで推し進めることで「生産性の向上」を実現させますが、一方で、従来の産業や雇用を破壊してしまうのが特徴です。
例えば、アメリカの株式時価総額でトップ3を占めるアップル、アルファベット(グーグルの持ち株会社)、マイクロソフトの時価総額の合計は、2018年2月の時点で約251兆円に上りますが、従業員は3社合わせて33万人にすぎません。
ちなみに、トヨタの時価総額は24兆円で従業員数が約36万人ですから、大手IT企業を生み出した「21世紀の産業革命」が、いかに急激な「富の集中」をもたらしているかがよくわかります。経済学者が「成長の鍵」だと信じているイノベーションは、今やほんの一部の企業が稼ぐ巨額の利益を、ごくわずかな創業者と少数の従業員と、投資家の3者で分配する仕組みをつくり上げてしまっています。人口減少が続く日本でも、今後、企業が急激な効率化を進めれば「生産性の向上」と引き換えに雇用が悪化し、失業者が増えるという状況になる可能性があると思います。



̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj