2019年8月26日

戦後の嘘が誠になる日
増田 俊男氏
フーチ 75%
 米軍の対日軍事占領と占領代支払を国民に知られない為「思いやり予算」などと名前を付け毎年1兆円近くも払い続けている。こうした敗戦国日本の真実を隠して、対日原爆投下のアメリカを憎まず、対日軍事占領条約である日米安保を「日本の安全の要」と国民に信じさせることで本来の反米感情を親米感情に変え、見せかけの「ゆるぎなき日米同盟」を築いてきたがトランプ大統領誕生で「戦後の嘘が誠」になる。

北朝鮮が日本海にミサイルを何度打ち込んでもトランプ(アメリカ)は知らん顔。安全保障代(占領代)を5倍払わないと在日米軍は撤退する。(2013年米議会で駐日米軍の撤退は決まっている)トランプによるアメリカの決意でやっと日本の戦後が終わることになる。アメリカを世界の中の一国として、日本はゼロから外交政策を模索しなくてはならない。




̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj