2019年7月18日

より天の理に叶ったことは・・・

 絶対(FF)Sマシン
   SZ(FF)マシン使えば
 即、答え出る。驚愕の究極マシン
難病であれ、人生問題難問であれ、経済問題であれ、具体的緊急問題であれ・・・しかしあくまで謙虚に・・・
 
 感謝・感謝・感謝…ありがとうございます。
驚愕!!



アメリカの真実と米中貿易戦争②
終わり
増田 俊男氏
フーチ 80%
 戦後自由経済、国際協調、軍事・経済覇権によるアメリカ経済繁栄とアメリカ国際安全秩序を基にエリートとしてアメリカを主導してきた現行勢力にとって、トランプの自由経済否定(関税政策)、国際協力無視(NAFTA、TPP脱退)、軍事覇権放棄は現状破壊であり許せることではない。
 アメリカの財政は永遠に払える可能性のない2000兆円の負債とこれからツケが回ってくる年金、社会保障などの将来負債100兆円を背負っているのだから事実上財政破綻したのも同然である。
 トランプをアメリカ変革の最適任者として選んだのは、キッシンジャー、CFR(外交問題評議会)、カジノ王(イスラエル右派)のシェルドン・アデルソンである。
しかしトランプが頼りに出来るのは国民と外交(外国)でしかない。つまり国民の人気を得ると同時に外国を動かして反トランプ勢力を排除するしかない。トランプの「アメリカと中国のあるべき関係」は「米中戦略的パートナーシップ」であることを思い出してもらいたい。





̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj