2019年7月8日

手足口病
手足口病とは?
手足口病は夏季に流行し、7月にピークを迎えるウイルス性の感染症。原因ウイルスは「エンテロウイルス」と「コクサッキーウイルス」で、複数の種類があるので何度もかかる可能性も。患者のほとんどは小児で、5歳未満の小児が80%を占めますが、まれに大人にも感染します。
手足口病の特徴
夏季に流行し、7月にピークを迎える。何度もかかってしまうことも。まれに大人も感染することがある。
・潜伏期間は、3~6日
・口の中・手のひら・足の裏や甲に水疱性の発疹、発熱、爪がはがれることも
・口内炎の痛みから、飲食を受けつけずに「脱水」になること   
 も
・まれに髄膜炎の合併
色々だがSZMで
手足口病に関わる一切の要素の実相→絶対化



̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj