2019年7月3日

蜂窩織炎(ほうかしきえん)
蜂窩織炎とは
蜂窩織炎は皮膚深部から皮下脂肪の部分にかけて細菌が感染した状態。人の皮膚の下には皮下脂肪があり、皮下脂肪の下には筋肉が存在します。この皮膚の層構造の深いと過を観察してください。
ころから皮下脂肪にかけて細菌が感染した状態を蜂窩織炎と呼びます。ちなみに、皮膚の浅層に細菌(この場合は主に溶連菌)が感染した状態は「丹毒」と呼ばれ、蜂窩織炎と区別されます。
蜂窩織炎の原因は? 原因菌には何があるのか
人間の皮膚は細菌に対して非常に強いバリアを持っています。通常、細菌が皮膚に付着したからといって、簡単には感染しません。しかしこの強力な皮膚バリアが「何らかの理由」で破られてしまうと、そこから細菌が侵入して感染します。
「何らかの理由」としては下記のような場合が挙げられます。
①虫刺されや擦り傷などの外的な損傷を負っている場合
②アトピーや湿疹のために皮膚が弱っている場合
③伝染性膿痂疹(とびひ)や白癬(みずむし)などの感染がもともと存在する場合
原因菌は溶連菌と黄色ブドウ球菌が一般的
原因となる菌としては、溶連菌と黄色ブドウ球菌の2種類が一般的です。これらはどちらも私たちの生活環境に生息する菌で、いたるところに存在しています。
蜂窩織炎の治療には入院が必要?
軽症の蜂窩織炎の場合、経口薬(のみぐすり)で対応が可能です。医師から特別な注意がなければ、日常生活を送りながら、悪化しないかどうか経過を観察してください。
☆発熱、原因不明の時 他 
医者にとって都合のいい病気




̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj