2019年5月29日

夫のDV恐れ、虐待「加担」
千葉県野田市で小学四年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が一月、自宅で死亡した虐待事件で、父親の暴行を黙認したとして、傷害ほう助罪に問われた母親なぎさ被告(32)の初公判が十六日、千葉地裁で開かれる。夫にドメスティックバイオレンス(DV)を受けていたとみられる被告。
同様にDV被害を受けて子どもへの虐待への加担を経験した女性らは自身の姿を重ね、「ひとごとと思えない」と、審理の行方に注目している。
過去世の問題解決が答え



プレゼント
このブログの絶対化FFの図面をコピーして、
それを患部に貼るとか、患部の名前又は、ねがい事を書いてその上に置いて
何回か読むと答えが出るようです。



̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj