2019년 5 월 19 일

寄生虫がダイエット手助け
マウス、1ヵ月で体重2割減
実験で、えさを与えて太らせたマウスの腸内に寄生虫を感染させた。感染していないマウスと食事量は変わらないのに、感染させたマウスは約1カ月で体重が約2割減り、血液中の中性脂肪も半分以下になった。
 寄生虫に感染させたマウスの体内では、脂肪を燃焼しやすくする神経伝達物質「ノルエピネフリン」が約1・5倍増えていた。マウスのふんを調べると、この神経伝達物質を分泌する腸内細菌が多くなっていた。




シャックリが出るしくみ
 セキやクシャミと同じく、閉鎖空間で出始めると困るのがシャックリ。しかし、シャックリのメカニズムはセキやクシャミとは全く異なります。
 シャックリは横隔膜という胸とお腹の間にある筋肉の膜がけいれんすることで起こります。食道や胃の不調などが原因で起こりますが、特に不調を改善する効果はなく、健康に役立つ防御反応とは全く異なります。
    ☆アセチルコリン・ウイルス・菌ぬく




?Gg[???ubN}[N??