2019年4月13日

債券危機から世界恐慌へ
副島 隆彦氏
 ボロクズ債が市場を破壊する。日銀の黒田東彦総裁は今も、カイル・バスという債券先物市場の売り崩しを狙っている男との闘いをやっている。
 本当に危険なのは2024年。大恐慌突入=財政崩壊は5年後の2024年に起きるだろう。歴史は繰り返す―80年周期で動く世界。


世界の色々
・台湾こそ安全保障の「要石」
・トランプと「ドイツ銀行」の黒い絆
 融資総額二十億ドルが調査対象に
・一帯一路で青ざめる習近平
親中諸国の離反と「債務帳消し」の悪夢
・英EU離脱は「御破算」の様相
 首相後退で探る「実質残留」への道
・JAL操縦士の疲弊と悲鳴
 安全より利益、稲盛経営の亡霊
・幻想のⅰPS再生医療
世界が冷視「科学公共事業」の惨状



̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj