2019年4月2日

エンテロウイルス感染症☆時に慢性化する 又マヒが起こる
エンテロウイルスD68の症状とは?
エンテロウイルスによる感染症は、乳幼児から10代の子供が発症しやすく、大人は無症状か軽症例が多いため、子供を持つ親は注意しなければいけません。
最初は発熱・咳・くしゃみ・鼻水・体や筋肉の痛みなどが現れるということから、風邪やインフルエンザが疑われる症状が出ます。そのうちに喘息のような咳をするようになり、呼吸器にダメージが集中します。


エンテロウイルスD68は全くの困り者
 (ヒトメタニューモウイルスも同じ)
 弱いウイルスですが、乳幼児と老人がやられる
気管支系統と胃腸。熱と咳と時に腹痛も
  ズバリ予防薬も治療薬もない
 過去時空研でも困っていた。抜いても抜いても浄化しても又でてくる。
 しかし今は、PZMシート上でやれば、お蔭でバッチリ答でる!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj