2019年3月22日

今、話題の難問数々!
1、イジメ、不登校、自殺,非行、暴力、家出、
親族のイガミアイ
2、難病、ノイローゼ、薬物依存,癌他,指定難病
3、不倫、恋愛、結婚、夫婦、嫁姑問題
4、仕事、悩み色々
5、一切の悩み全て、、、・・・・
( ^ω^)・・・
答 因、縁、果、認めて対応

 方法は日記ハウツウ、供養・( ^ω^)・・・

思わぬ解決でゾクゾク!
今はPZMシートで超即!



超微小生命体ソマチットと周波数②
増川 いづみ氏
福村 一郎氏
福村氏:もともと微小生命体が地球の上で何をやったのかというと、生命の誕生を促しているんです。これが多分一番大きい仕事です。
生命の誕生をやるということ自体、考えられないほどの頭脳、要するに知恵と能力が必要です。知恵だけじゃダメなんです。能力もないとね。
増川氏:微小生命体自体はどうやってできたのかと、そういう問題になりますよね。これはどこから来たのか。それはやっぱり隕石に乗ってやってきました。
福村氏:多分、宇宙から隕石で来たんだと思います。NASAが何で探査機を上げているのかというと、微小生命体の研究のためなんですよ。
増川氏:微小生命体は物質変換能力を持っています。
福村氏:原子変換というものですね。例えば、マグネシウムをカルシウムにするとか、ナトリウムをカルシウムにするとか。そういう原子変換の要領で、いろいろニュー金属ができているわけです。
    生命誕生というと物すごく難しい事柄と、原子変換は必ずどこかでつながっている。原子変換がなければ、生命誕生は出来なかったはずです。例えば、バクテリアをつくりますよね。バクテリアの外側の殻とか、要するにタンパク質でできている可能性が高いわけです。



̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj