2019年2月21日

PTSDとは
 PTSDとは、とても怖い思いをした記憶がこころの傷となり、そのことが何度も思い出されて、恐怖を感じ続ける病気です。人によって、怖い経験は異なります。突然、辛い記憶がよみがえる。常に神経が張りつめている。
☆時空研的対応
PTSDの記憶ぬく 過去世もあり



偉人列伝
・孤独こそ、最強の生き方である      大久保 利通
・人を相手にせず、天を相手にせよ     西郷 隆盛
・必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ  織田 信長
・己を責めて、人を責むるな        徳川 家康
・孤独とは、生命の要求である   セーレン・キルケゴール
・本当の情熱は孤独から生まれる  ジャン=ジャック・ルソー



̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj