2019年2月3日

日本が歩む道
渡邊 哲也氏
フーチ 90%
 中国炎上、世界分裂のなか日本は黄金期を迎える!日本が歩む繁栄の道。
   国際的イベントが目白押しの2019年
 2019年4月30日、今上天皇のご譲位があり、5月1日に皇太子が新たな天皇に即位され、改元が行われる。これは日本にとって新たな時代の幕開けであり、慶事ともいえる。さまざまなお祝いごとが予定されるため、日本経済にとってもプラスに働く
だろう。6月28日~29日にかけては、G20サミットが大阪で開催される。G20サミットの日本開催はこれが初であり、2025年の大阪への国際博覧会(万博)誘致に弾みがつくと期待されている。
「サブリース」問題の表面化が示す銀行の危機

 女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」の運営会社スマートデイズが破綻したことによって不動産ローン問題、スルガ銀行の不正融資が表面化し、大問題になったことは記憶に新しい。スマートデイズはサラリーマンを中心に、シェアハウスのオーナーにならないかと投資を募り、シェアハウス建設後は一括してスマートデイズが借り上げることで、家賃収入を保証すると約束していた。
 シェアハウスの建設費用はオーナーとなる者が銀行から住宅ローンを借りあてるが、スマートデイズがそのローンを上まわる家賃収入を保証してくれるので、オーナーとしてはその差額が副収入となる。いわゆる「サブリース」というしくみだ。



̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj