2019年1月28日

心房中隔欠損症
 左右の心房のあいだの壁(心房中隔)に生れつき穴があいていて、この穴を通じて左心房と右心房の血液が混ざってしまう病気です。

 心房中隔に穴があると、左心房の血液が右心房に流れ込みます(左右シャント)。正常な場合、右心房には、全身からの静脈血が大静脈を通って集まってきますが、心房中隔欠損症の場合はさらに、右心房に左心房からの血液が加わります。右心房に集まった血液は、右心房・肺動脈を通って肺に送られますから、心房中隔欠損症では肺へ流れる血液量がふえるため、肺動脈が広がります。
 【症状は】心房中隔の穴が大きいほど、左心房から右心房へ流れる血液が多くなり、症状も強く、重症となります。
 心房中隔の穴が小さく、軽症の場合は、特別な症状はほとんどありません。三〇歳代以後は年齢が増すにつれて、症状が徐々にあらわれることがありますが、六〇歳くらいまでまったく症状の出ないこともあります。
 心房中隔の穴が大きくても症状がないことがありますが、一般には動作時の息切れ、呼吸困難がみられます。
 重症例では、三〇歳代以後、しだいに心筋が傷むにしたがって肺のうっ血がすすみ、気管支炎をおこしやすくなります。呼吸器の症状が目立つようになり、さらに重くなると心房細動をおこし、心不全がめだつようになります。
 また、心不全をおこすような重症の場合には肺の血圧が高くなっていますが、一部に心不全とは関係なく早くから肺の血管の変化が高度で肺高血圧となり、シヤント(短絡)も右↓左シャントになることがあります。血痰を出すこともあります。
 因が最も大切
因の供養と、心房中隔欠損症に関る異常ソマティッド抜きで治る
 更に、・・・・・に関る遺伝子之メンタルレベル 抜く






̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj