2019年1月24日

小児のエンテロウイルス感染症
 ウイルスに汚染されたものを飲み込むことで感染し、消化管の中でウイルスが増殖します。通常は体の免疫機能がこの段階で感染を食い止め、症状はほとんど、またはまったく現れません。エンテロウイルスの感染でよくみられる結果は、かぜ(感冒)と上気道感染症です。ときとして、ウイルスが生き残って血流に入り、発熱、頭痛、のどの痛みのほか、ときには嘔吐および下痢が生じることがあります。このような症状をよく夏かぜ(英語では「夏のインフルエンザ」)と呼びますが、実際はインフルエンザではありません。
大人でもこのウイルスは対応難しい。厚生省もギブアップ



年配の女性の盲腸炎が多い。対応は早ければ早いほど良い、
 まさかと油断するときびしい事になる。




̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj