2018年12月21日

ハウツウとしてのゲノム編集
 ・いらない(不要ゲノム)ぬく
 ・必要ゲノム Eg入れまくる
 時空研的にはたったそれだけ。その部分を新品にするには、患部の幹細胞之ソマチッド之トレフォンにそれぞれEg入れまくる。


鉛中毒
鉛は、脳、神経、腎臓、肝臓、血液、消化管、生殖器など、体の様々な部分に影響を与えます。発達中の神経系は鉛による損傷を最も受けやすいため、特に小児は鉛の影響を受けやすくなっています。
鉛中毒の典型的な症状としては、人格の変化、頭痛、感覚の消失、脱力、口の中の金属味、歩行協調障害、食欲減退、嘔吐、便秘、けいれん性の腹痛、骨や関節の痛み、高血圧、貧血( 貧血の概要)などがあります。腎臓の損傷が、しばしば無症状のうちに発生します。
鉛中毒は、鉛を含有する塗料の使用が禁止され(米国では1978年)、ガソリンから鉛が排除されて以来(米国では1986年、2011年までには6カ国の発展途上国を除くすべての国)、非常に少なくなりました。しかし、米国東海岸の都市では、依然として鉛中毒は公衆衛生上の大きな問題となっています。



̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj