2018年12月18日

高血圧の薬で肺がんになる
 イギリスの権威ある医学誌が発表。アデカット、コバシル、ゼストリル、ロンゲス、レニベースほか。日本でも400万人が服用。
 検査で死ぬほど無念なことはない。内視鏡・胃カメラ検査で死亡、一人ではない。


生体における尿酸
        排泄物としての尿酸
尿酸は、鳥類や爬虫類の多くの種でタンパク質代謝における最終産物である窒素化合物で、それらの生物から排泄物として体外に出される。
抗酸化物質としての尿酸
尿酸はビタミンCよりもはるかに強力な抗酸化物質であり、体内に一定量存在することにはおおきな意義がある。
ヒトの血中に最も高濃度で存在する抗酸化物質は尿酸であり、ヒト血清中の抗酸化物質全体の約半分を占める。尿酸は、運動ストレス時の抗酸化物質として作用する報告がある。また、ショウジョウバエにおいて酸化傷害に対する防御機構として尿酸合成が亢進している可能性を示唆する報告もある。



̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj