2018年12月13日

PZMシートとは 簡単にズバリ!!!?
本来絶対は全ての原点。その周辺が無限大に(フーチ確認済)
或る日突然メッセージが来て、ムーシートの裏に金銀カード貼りなさい→表が面の絶対になる!!??と
 ムーハウツウの?点が無限に有ることになる メッセージの凄さ!!(今のムーシートはシリコン【珪素】の無限大)
 すると、そこに書いたものは全て実相顕現する
(実相=本来の姿、ありのままの姿、現象の奥にある本物)
今やニュートリノが新一元論として???・・そしてスタップ細胞が在る!!(なんにでもなり得る細胞)ある部分の新品化! その部分の幹細胞のソマチッドのトレフォンにエネルギー入れまくる。「PZMシート上で」
人間が苦しみ悲しみ困難に出会った時、目的達成の時,PZMシート上に書きまくり読みまくればOK!!



修験者・山本秀道の奉還思想
大石凝真素美が36歳の時に弟子入りした修験者・山本秀道とは、一体いかなる人物だったのか。秀道は、文政10(1827)年2月16日に美濃国不破郡宮代村で正寿院秀道として生まれた。山本家は、江戸時代までは鉄塔山天上寺と称し、南宮山の一画に坊を構え、院号を正順院または正寿院と号する醍醐三法院に連なる修験の家であった。修験道は、寛政11(1799)年に光格天皇より「神変大菩薩」の諡号を受けた役行者、役小角(えんのおづの)を開祖とする。伝説によると、役小角は摂津国の箕面山の大滝で、インドの僧ナーガールジュナ(龍樹菩薩)の「大いなる法」を授けられたという。
・・・フーチに関係深い



̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj