2018年11月25日

知らないとヤバイ!
太陽光発電が持つ恐ろしい「公害」
 菅直人首相が国際公約してきた日本のソーラー1000万戸計画だが、有毒物質を多数含む蓄電池を、管理の行き届かない1000万戸もの一般家庭に取り付けるなど、寿命がきたときや、故障したときの産業廃棄物処理の観点からいえば、完全に悪夢である。またソーラーパネル自体は、現在、シリコン系とカドミウム・テルル系の二種類が主流だが、いずれにしても寿命が来れば大量の産業廃棄物を生み出す。特にカドミウムは、日本の四大公害のひとつであるイタイイタイ病の原因物質であり、非常に毒性が強い。
イタイイタイ病は、腰や肩、ひざなどの痛みから始まります。症状が重くなると骨折をくり返すようになるのが特徴で、全身を襲う痛みの中、ついに一人では動けなくなって寝こんでしまいます。特に恐ろしいのは、寝こんでからも意識は正常なまま「イタイ、イタイ」と苦しみ、食事も取れずに衰弱しきって死を迎えるという点です。ソーラーパネルは、ライフサイクル全体を通じて、クリーンでもグリーンでも何でもない、土に還らない公害の元だったということ。信じたくないけどそれが事実。
自宅にパネルを設置したらカドミウムなど毒物溶出リスクがず~っと付きまとうということです。ましてや畑、田んぼの横などにパネルを置くことの愚かさを知るべきです。火災でも煙となって、消防士も周辺住民も有毒物質を吸わされることになります。

時空研での対応策はイトも簡単、しかも発電能力が大幅アップ



̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj