2018年9月25日

中高年に急増の「肺マック症」は
これで防げ プレイン絶対ムーシートの凄!(非結核性抗酸菌症)。さ
続く咳、痰で死に至る





日本最古の神社で底知れぬパワーを

最強のパワースポット「幣立神宮」



神社の創建年代は不明ですが社伝によれば、神武天皇の孫である健磐竜命(たけいわたつのみこと)が高千穂から阿蘇へ向かう途中にこの土地に立ち寄り、幣帛(へいはく)を立てたのが始まりだと伝えられ、日本最古の神社といわれています。


神社の名前の多くは、例えば阿蘇神社のように「〇〇神社」と地名がつけられていますが、ここは地名ではなく健磐竜命が、「幣帛を立てた場所」ということで、幣立神宮と呼ばれているのです。


「五色神面」という面が社宝として奉納されています。五色とは、赤、白、黄、黒、青の五つの色で、赤人とはユダヤ人やアメリカインディアン等の民、白人は欧州等の民、黄人は日本や中国などのアジアモンゴロイド系の民、黒人はインド、アフリカ、パプアニューギニア等の民、青人とは北欧やスラブの民を総称しているといわれています。

由緒には幣立神宮は民族の起こりであったと書かれています。古来、五色人を代表する神が集まり地球の安泰と人類の幸福、そして世界平和を願っていたと伝えられ、「人類が仲良くならないと宇宙全体にヒビが入ることになる」と宇宙の神様が心配して世界の世直しの神として降臨し世界平和を祈っているのです。その神様の祈りが幣立神宮で受けることのできるエネルギーであり、この神社がパワースポットと呼ばれる所以ではないでしょうか。
日本最古の神社で底知れぬパワーを!


神社の創建年代は不明ですが社伝によれば、神武天皇の孫である健磐竜命(たけいわたつのみこと)が高千穂から阿蘇へ向かう途中にこの土地に立ち寄り、幣帛(へいはく)を立てたのが始まりだと伝えられ、日本最古の神社といわれています。神社の名前の多くは、例えば阿蘇神社のように「〇〇神社」と地名がつけられていますが、ここは地名ではなく健磐竜命が、「幣帛を立てた場所」ということで、幣立神宮と呼ばれているのです。

「五色神面」という面が社宝として奉納されています。五色とは、赤、白、黄、黒、青の五つの色で、赤人とはユダヤ人やアメリカインディアン等の民、白人は欧州等の民、黄人は日本や中国などのアジアモンゴロイド系の民、黒人はインド、アフリカ、パプアニューギニア等の民、青人とは北欧やスラブの民を総称しているといわれています。

由緒には幣立神宮は民族の起こりであったと書かれています。古来、五色人を代表する神が集まり地球の安泰と人類の幸福、そして世界平和を願っていたと伝えられ、「人類が仲良くならないと宇宙全体にヒビが入ることになる」と宇宙の神様が心配して世界の世直しの神として降臨し世界平和を祈っているのです。

その神様の祈りが幣立神宮で受けることのできるエネルギーであり、この神社がパワースポットと呼ばれる所以ではないでしょうか。
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj