Open
結果を出す占い
*占った結果が悪い時は、それを何とか良くする方法を指導、実行!!
*占った結果が良い時は、更に良くなる様に、又、確実に実現する様にサポートする
これは難問も難病も人生万般OK。
時空研の占い!!
ブログに書かれている内容は、フーチ、IFテスト、Oリングテストで確認した内容または、体験的結果を示したものであり、医学的、薬学的、科学的検証を行ったものではありませんので、どうかご理解の上お読みください

時空研公式ブログ

最新のお知らせ


2021年11月22日 : オンラインセミナー
今週末はオンラインライブセミナーです!まだ申し込み間に合います!

当ホームページの「オンラインライブセミナーへの申し込みページ」のリンクが間違っておりご迷惑をおかけしました。ご利用していただいた皆様、大変申し訳ございませんでした。

2021年11月15日 : 四日市実践セミナー
今週末は四日市実践セミナーです!ぜひご参加ください。ご参加受付中です!
セミナー事務局 林茂夫さま までお気軽にお問い合わせください。

2021年11月9日 : 腸内細菌
*腸内細菌を増やして超健康に!***
花粉症、アトピー性皮膚炎、ぜんそくなどのアレルギー性疾患で悩む日本人がますます増加しています。その原因の一端が減少した腸内細菌であることに気づいている人は多くありません。腸内細菌が免疫細胞を刺激する物質を出しており、免疫力の大半は、腸内細菌が働かせているのです。これらのアレルギー疾患の治療法の一つとしても、腸内細菌はますます注目されています。(腸内革命/藤田紘一郎)
2021年11月8日 : 睡眠不足とうつ病
◆睡眠不足がうつ病を引き起こす(大谷憲)

うつ病は現代人特有の病です。
うつ病は睡眠不足が深く関係しています。
というのも、うつ病患者の9割が不眠を訴えているのです。
脳は睡眠中に情報を整理するという機能をもっています。
どんなにつらく悲しいことがあっても、月日が経つと、だんだん悲しい記憶は薄れていきます。
あとで笑い話になったり、すっかり忘れてしまったりします。
脳は、悪い情報をうまく処理し、いい情報だけを残してくれる機能があるのです。
質の良い睡眠がとれている人は、たとえ嫌なことがあっても、次の日には忘れてケロッとしているものです。
いい睡眠をとっていれば、どんな悲しい失恋をしてもいい思い出になります。
しかし、質の悪い睡眠をしている人は、情報が整理されず、イヤなことも覚えています。
だから、ネガティブ脳になって、うつ病になりやすくなります。

2021年11月2日 : 感情の老化
年を取るに従って様々な機能が低下することは確かですが、使い続けている限り、衰え方は非常に緩やかなものになります。
毎日使ている実用機能は、目に見えて衰えることはありません。
ですから、実用機能を保つために、年を取ったら毎日少しずつでも歩いたほうがいいと思います。遠くまで行かなくても、少し家の周りに出てみるという程度でも、歩かないよりは有効です。
頭も毎日使った方がいいでしょう。新聞や本を読む、料理のメニューを考えるなど、何でもいいのです。


ところが、ここで大きな問題があります。
歳をとると意欲が衰えてきてしまうのです。
毎日歩こうと思っても意欲がわかないのです。
使い続ければ実用機能が保たれるのに、意欲が低下するために使おうとしなくなる。
それが老化現象が進む一番大きな原因です。
このように意欲が低下する現象を「感情の老化」と呼んでいます。


体の老化を防ぐには、まず感情の老化を防ぐことが大切です。
感情の老化を防げば、意欲が保たれて、毎日何かをやってみようという気になってきます。