Open
結果を出す占い
*占った結果が悪い時は、それを何とか良くする方法を指導、実行!!
*占った結果が良い時は、更に良くなる様に、又、確実に実現する様にサポートする
これは難問も難病も人生万般OK。
時空研の占い!!
ブログに書かれている内容は、フーチ、IFテスト、Oリングテストで確認した内容または、体験的結果を示したものであり、医学的、薬学的、科学的検証を行ったものではありませんので、どうかご理解の上お読みください

時空研公式ブログ

最新のお知らせ


2018年4月15日 : ロックの死


「悪魔大王」
ディビッド・ロックフェラーが死去


「悪魔大王」米最大財閥ディビッド・ロックフェラー(1915年、ニューヨーク生まれ)が3月20日、ニューヨーク郊外の自宅で心不全のため死去、101歳だったとニューヨークタイムズなどが報じたという。この結果、天皇陛下を戴く世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」は、名実ともに「新体制」に移行した。すなわち、「世界銀行・IMF(国際通貨基金)」の上に位置する「300人個人委員会」の頂点に米ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー博士(戦略国際問題研究所=CSIS顧問、ニクソン政権国務長官)と小沢一郎代表の2人が立ち、いよいよ「わが世の春」を謳歌する。



デービッド・ロックフェラーが
やっと死去!
ロックフェラー財団が正式に彼の死を発表しました。彼はアメリカ史上最も影響力のある人物のうちの一人でした。ロックフェラーは銀行家の中の銀行家とも言われ、ロックフェラー大学、ハーバード大学、美術館などの機関に合計20億ドルを寄付していました。

我々が生きている世界は狂いすぎています。ただ、それがどうしてなのか知らない人が多いと思います。人類の歴史が始まってからずっと、秘密結社、オカルト(悪魔崇拝カルト)、イルミナティが我々の現実世界を支配してきたのです。

しかし彼らはもはや我々をこれまで通り支配することができなくなっています。なぜなら世界人類が覚醒しており、貴方もその一人なのです。今こそ人類が立ち上がる時がきました。



デービッド・ロックフェラーの死が
このタイミングで発表された理由

竹下 雅敏氏
デービッド・ロックフェラーの死がこのタイミングで発表された理由は、フルフォード氏によると、ヘンリー・キッシンジャーとレックス・ティラーソンらが資金調達に失敗したためであると書かれています。

事実上、ロックフェラー財閥が滅びたと考えてよいのかも知れません。この件に関して、フルフォードレポートと板垣英憲氏の情報では、大きな違いがあります。フルフォードレポートではキッシンジャーやティラーソンは300人委員会の代理で、皇室とは敵対関係に見えます。小沢一郎氏は彼らの手先だという事になっています。

そう言われれば、ニール・キーナン氏の金塊情報で、皇室の金塊略奪情報をニール・キーナン氏に提供したのは、小沢氏だったのを思い出します。

ところが、板垣英憲氏の情報では、ゴールドマン・ファミリーズ・グループ(旧300人委員会)の指導者がキッシンジャーであり、グループは天皇陛下を頂いているというのです。

2018年4月14日 : 超絶能力


超絶ハウツウ(コツ)

氏名  82兆×100万個のソマチッド→無限大
 ソマチッドがムーのE点へ→30回読む 繰り返し
 DNA及びミトコンドリア覚醒→ムーE点へ(コツ)
・・・すると絶対波動で宇宙エネルギーと一体化
・超絶能力開花



具体例
1、ソウルメイトとの出逢い
2、実現力 望み 熟睡力
3、ヒーリング能力開花
4、直感力,テレパシー能力アップ 予知能力
5、過去も含め透視
6、UFOコンタクト 惑星と交流 宇宙(神)と一体化
10,神々との交流
11,問題解決能力 運気向上
12、エネルギーアップ アンチエイジング

2018年4月13日 : ムー浄化 癌は治る


この曇天つずきの中
玄関横のまっ黄色のエニシダが
イッパイイッパイ耀いている
顔晴ろうね!!
アーオーウーエーイー


モナド体 浄化!!
永年の苦労が一挙に実った感じ!
 何もかも急に大好転!

その原因が大きな◯→根源神,守護神・・

モナド体のエネルギー浄化が凄い 
  ムーE点



今なら治る「がん」まだ治らない「がん」
 この20年、がん治療はここまで進化した。「がんにかかったら死ぬ」なんて考えはもう古い。医者も驚く「生存率」の急上昇。
時空研的には更に凄い!!

2018年4月12日 : スタップ現象照明 認知症完治


STAP細胞が証明された!


ドイツ研究チームがスタップ再現に成功!

 今年三月10日ドイツ名門,ハイデルベルグ大学の研究グループがスタップ関連論文発表。

 小保方氏が発見したスタップ現象を、ガン細胞を用いて再現に成功。

 細胞が多能性(身体のどんな細胞にもなれる能力)を示す反応を確認した。



認知症はこうしたら治せる

 80歳で4割が認知症になる現実。だから50代・60代は必読!神経細胞の死滅は発症の20年前からすでに始まっている。認知症の真犯人、タウ・タンパク質の蓄積を防ぎかつ除去するために、今からできること。

   タウ・タンパク質とアルツハイマー病

アルツハイマー病患者の脳では、異常にリン酸化された神経軸策内のタウ・タンパク質が樹状突起スパインへ転移し、神経変性が引き起こされています。

認知症を予防しよう!

認知症の多くはアミロイドβとタウタンパク質の蓄積によって引き起こされる脳神経細胞の死滅が原因です。
・アミロイドβ……脳神経細胞の老廃物で蓄積が続くと脳神経細胞先端部を傷つける物質

・タウタンパク質…脳神経細胞の中に蓄積し神経細胞そのものを死滅させる物質

初期段階ではアミロイドβの蓄積から始まりその約10年後からタウタンパク質の蓄積が始まります。それから更に約15年間アミロイドβとタウタンパク質は蓄積を続け、脳神経細胞を死滅させ認知症を発症させます。発症は初期段階から約25年かかります。
 認知症は70歳頃からの発症率が高い為、その多くは〈70歳-25年間=45歳〉45歳頃からアミロイドβの蓄積が始まっている事になります。45歳を過ぎたら認知症予防を始めましょう。

 深く質の良い睡眠は、認知症の原因物質アミロイドβの排出をスムーズにします。寝不足や睡眠の浅い方は注意しておきましょう!!


☆湧泉と合谷に金・銀シール=睡眠
☆ムー 氏名   之脳之アミロイドβとタウ・タンパク質 メビウスで括りE点へ

**中脳のドバミン神経の幹細胞のソマチッドの
トレフォンにエネルギー入れて、新品化!

2018年4月11日 : 驚き体験 神の子 10年


A氏の驚き体験!!モナド体にエネルギー入れまくり浄化しまくったら!1??
・・・( ^ω^)・・・突然,縁もゆかりもない所から数社
大きな注文が入った
あまりの凄さ!!に驚き( ^ω^)・・・戸惑い・・ただ感謝!!


神の子体感ハウツウ
 
氏名        之モナド体(本質生命体)
 右をムーのE点におき、これに絶対波動流れ入ると10回
 バッチリ神の子体感


神さまの御心を生きるのが、神の子・人間の使命です。知恵と愛と命あふれる生活を送ることが、私の使命であり、生き甲斐です。人生は、神の子の表現の舞台です。この舞台があるからこそ、私は自己内在の神性・仏性を表現し、すべての人々とともに、すべての生物とともに、喜びを分かち合うことができます。その聖なる場を与え給いし神さまの無限の愛に深く、厚く、感謝いたします。ありがとうございます。

10年前
舩井 勝仁氏
 実際に、コンピュータトレーディングの速度は1秒間に10億回という超高速の世界になってきているようです。
 約10年前に朝倉慶先生の講演会で「いまや1秒間に1000回もの取引ができるロボットトレーディングに人間は絶対に太刀打ちできない」というお話を聞いて衝撃を受けましたが、1、2年前には1秒間に100万回というレベルになっているということをどこかで読み、今度は10億回です。

 2030年にはお金を受け取るときにも、使うときにも感謝と幸せが伴うという「Happy Money」の世界が実現していて、その社会を引き寄せることで、朝倉先生や増田先生や若林先生が不可避だと考えていらっしゃる、

 金融恐慌的な動きの大難が小難になり、小難が無難になり、無難が無事になることも可能なのではないかと思います。