2018年6月19日



60過ぎたら害のほうが多い「日用品」
 このところ、必要以上に清潔さを求める風潮がある。年を重ねるごとに気になるニオイや汚れは増えるが、それを消すための日用品がかえって健康を害するものだとしたら、本当に使うべきなのか。発がん性物質も使われる。



スカラー波理論こそが科学を革命する③

實藤   遠氏 
フーチ 95%
       スカラー電磁兵器とは
 1960年1月に、フルシチョフは新しい異様な兵器についてのソビエトの開発を報道した。1960年5月に、この新種原型兵器を据え付けたソビエト防衛レーダーは、亜鉛理科の高高度飛行のU2偵察機をソ連上空で撃墜した。
 1985年5月上旬に、第40回第二次世界大戦終結の特別祝賀会として、ソ連全艦隊の戦略スカラー電磁超兵器が配備された。これはアメリカのフランク・ゴールデンの前衛専属傍受システムによってモニターされている。
 アメリカ空軍のタイタン34Dミサイルは、1985年8月28日に離陸直後に、1986年4月18日には着陸5秒後に爆発した。特に4月18日の後者の災難の前に、キツツキ(Wood pecker)グリッドの活動が見られたという。
 1986年1月28日のスペースシャトル・チャレンジャーの爆発、これもソ連のスカラー電磁兵器システムの作動によるものだという。
        科学理論の拡張の方向
①電気的には中性、ベクトルではなくスカラーの世界である
②電気的にも磁気的にも溶けて一体化したような状態なので、光で言えばタキオン、磁気的には単極の世界が考えられる
③このスカラーの世界は、真空の空間がそれに当る
ベアデンによれば、四次元目の重力ポテンシャルの空間であり、その高低の傾斜が縦波の重力波となる
その重力波が一面上で位相が揃って一斉に動けば、ビームとなって遠くまで伝わることになる
その場合、全てのものを透過(突き抜ける)して、物質と交わっても吸収・反射、それによる減衰という現象は起こらない
?Gg[???ubN}[N??