2018年4月12日



STAP細胞が証明された!


ドイツ研究チームがスタップ再現に成功!

 今年三月10日ドイツ名門,ハイデルベルグ大学の研究グループがスタップ関連論文発表。

 小保方氏が発見したスタップ現象を、ガン細胞を用いて再現に成功。

 細胞が多能性(身体のどんな細胞にもなれる能力)を示す反応を確認した。



認知症はこうしたら治せる

 80歳で4割が認知症になる現実。だから50代・60代は必読!神経細胞の死滅は発症の20年前からすでに始まっている。認知症の真犯人、タウ・タンパク質の蓄積を防ぎかつ除去するために、今からできること。

   タウ・タンパク質とアルツハイマー病

アルツハイマー病患者の脳では、異常にリン酸化された神経軸策内のタウ・タンパク質が樹状突起スパインへ転移し、神経変性が引き起こされています。

認知症を予防しよう!

認知症の多くはアミロイドβとタウタンパク質の蓄積によって引き起こされる脳神経細胞の死滅が原因です。
・アミロイドβ……脳神経細胞の老廃物で蓄積が続くと脳神経細胞先端部を傷つける物質

・タウタンパク質…脳神経細胞の中に蓄積し神経細胞そのものを死滅させる物質

初期段階ではアミロイドβの蓄積から始まりその約10年後からタウタンパク質の蓄積が始まります。それから更に約15年間アミロイドβとタウタンパク質は蓄積を続け、脳神経細胞を死滅させ認知症を発症させます。発症は初期段階から約25年かかります。
 認知症は70歳頃からの発症率が高い為、その多くは〈70歳-25年間=45歳〉45歳頃からアミロイドβの蓄積が始まっている事になります。45歳を過ぎたら認知症予防を始めましょう。

 深く質の良い睡眠は、認知症の原因物質アミロイドβの排出をスムーズにします。寝不足や睡眠の浅い方は注意しておきましょう!!


☆湧泉と合谷に金・銀シール=睡眠
☆ムー 氏名   之脳之アミロイドβとタウ・タンパク質 メビウスで括りE点へ

**中脳のドバミン神経の幹細胞のソマチッドの
トレフォンにエネルギー入れて、新品化!
?Gg[???ubN}[N??