2018年2月10日



生命は永遠!
輪廻転生も真実!
御霊分けは分け与えるのであって
元はそのまま
生命の進化はハテシナク・・・→神に向かう
又大悲の願船に乗せられると煩悩あるがまま絶対の幸せになる(親鸞聖人)
天倉貯金は大きい程良い。明日の身が解らなくても天倉は出来る。
 そして唯心所現、素粒子は思いに反応!



AIについて



AIについての最も重要な命題=人類はAIを制御できるか。近未来に、汎用的な能力においても思考能力においても、そして、専門的な知識・能力においても、人類の叡智を結集した知力よりもはるかに優れた超絶知能(スーパーインテリジェンス)が出現した場合、人類は滅亡するリスクに直面する可能性がありうる。

そのリスクを回避するためには、スーパーインテリジェンスを人類がコントロールできるかどうかが鍵を握る。果たして、そのようなことは本当にできるのか?

オックスフォード大学の若き俊英、ニック・ボストロム教授が、スーパーインテリジェンスはどのようにして出現するのか、どのようなパワーを持つのか、いずれ人類がぶち当たる可能性のある最大の難問、「AIのコントロール問題」とは何か、解決策はあるのかなどについて、大胆にして、きわめて緻密に論じる。2014年秋に原著が出版されるや、瞬く間にニューヨーク・タイムズ紙ベストセラーとなり、イーロン・マスク、ビル・ゲイツ、S・ホーキング博士およびその他多数の学者や研究者に影響を与え、AIの開発研究は安全性の確保が至上命題であることを広く認識させるきっかけとなった。

近未来においてスーパーインテリジェンスは実現する可能性はあるのか?どのようなプロセスで実現されるのか?スーパーインテリジェンスはどのような種類の能力をもち、人類に対してどのような戦略的優位性をもつのか?その能力が獲得される要因は何か?人類が滅亡する危機に直面するリスク、人類との共存の可能性についてどう考えるべきか?


天職①

東 隆明氏
 私の仕事は遭っているのだろうか?もっと楽して儲かる仕事はないだろうか?今の仕事が厭で直ぐにでも辞めたいが、次の仕事が何をやって良いか分からない」と、悩んでいる人が沢山居る。自信と信念を持って、力強く幸福に満ち満ちて仕事をしている人は少ないのである。
 人は、其の天から与えられた材料(環境・性格・才能)をプラスに持って行って成功者になるか、マイナスに持って行って落伍者になるか、その選択は其の人自身が決めるのである。天任せ、運任せではいけない。本人が決めなければならないのである。
 天は自ら助くる者を助く。努力しない者に本物の報酬は与えて呉れないのだ。天職―その光々しい文字だが、あなたにとって無縁のものに感ずるとすれば、それは大間違いである。我々は天に依って生かされている。
?Gg[???ubN}[N??