2017年11月21日



今、色々と喧しい発達障害
 自閉スペクトラム症
  更に注意欠陥多動性障害
 学習障害
   大人になってから発症200万人
  (紙一重にアスペルガー)
小学校でも急増 脳機能障害だとか
 色々かしましい!治らない!
・・・・・


・時空研では過去多くの人が治っていますが、対応が理解し難かった。
*過古世,前世の問題の解明浄化が必要だった。(供養とかお詫びとか・・)
今、それが時空研流ゲノム編集と
 ムーハウツウの応用でカナリ簡単に答え!!



今回の星座神霊は、突然の星座体験も有って、具体的な問題中心に展開する事にしました。


[在藤先生の生涯の遺稿]の星座神霊の活用法。

星座136従90星神の凄さの活用と
 ムーハウツウの結びつき
 更にゲノム編集とソマチッド等との結びつき
ムー星座迎ウトコロ敵なし


 モウコウなると星座神霊勉強会が本セミナーになってしまい
ます。



強いドルがアメリカ一極覇権を再構築する


 そもそも新政権による税制改革、国境税創設が実現しようと実現しまいと、ドル高の基礎的条件が整えられていた。前回レポートしたように、第一は米国の経常赤字の顕著な減少=国際的ドル供給の制約が高まることによって、第二は米国の財政拡大、金融引き締めというレーガノミクスと同様のポリシーミックスによって、である。

 そのうえでの国境税創設となれば、予想されるドル高はより一層顕著なものになるかもしれない。ドル不足、ドル高は一段と米国の強さを際立たせるだろう。

 ドル高は米国の覇権的立場を強化したい(Make America Great Again)トランプ次期大統領にとって、必須かつ好都合の条件である。以下4つの理由により、現在はあらゆる観点から見て、強いドルが米国国益となっている。


1. 国際分業において相互補完分業が確立し、米国の独占的支配力を持つ企業が世界市場を傘下に収めており、ドル高は安く買って高く売る(=交易条件改善)ことを推し進める、

2. トランプノミクスはインフレと金利上昇圧力を高める(レーガノミクス時と類似)ので、ドル高はインフレと金利抑制に必須、

3. 強いドルは世界を買い占めるのに有利(米国多国籍企業のグローバルM&A等)、

4. 強いドルが米国のプレゼンスを一気に押し上げる(防衛支出有利に、米国の世界地位・世界GDP比シェアなどが高まる)、

 以上4要因による。

●強いドルがアメリカ一極覇権を再構築する