2017年11月15日



何だか分からない。珍妙な天気が
・・・( ^ω^)・・・


医学常識はウソだらけ①
三石 巌氏
フーチ 90%

・食塩を摂りすぎると高血圧になるはウソ
・バターやラードは体に悪いはウソ
・貧血には鉄分が一番はウソ
・卵はコレステロールの元はウソ
・玄米は体にいいはウソ
 「医学常識」は「科学の非常識」。「医原病」の恐怖。血圧降下剤は血栓をひき起こす。
コレステロールは、本来“健康の味方”である
・ビタミンDの前駆体に
・細胞膜を作る


世界動向
増田 俊男氏
フーチ 80%

 いずれにしても今後の世界動向はエネルギー支配の為の闘争である。北朝鮮を軍事脅威の観点ではなく、世界最大のウラン資源国として位置付け、北朝鮮支配をめぐる米露中の葛藤を描き、そこから生まれる新たな世界の政治・経済地図を明らかにしたいと思っている。



スカラー波理論こそが科学を革命する⑤
實藤   遠氏 

フーチ 95%
      原子は電子と陽電子からなる
①絶対空間は非物質的な運動体である。これは光速に近い回転速度をもつ渦である(私はむしろ非物質である不動体で、部分的なポテンシャルの大小による傾斜が、即ちその揺らぎから仮想粒子の渦が発生し、さらに三次元に現象したのが物質やエネルギーであると考える)。

②電子とは非回転の渦であり、その中心には10の-11cmの極微小の直径の球状空洞がある。電子の正電荷としての性質は、電子周囲で回転する空間渦の効果による、一方、電子の質量としての性質は、中心の球状空洞から生ずる。中心空洞では空間が光速を上限として回転している。

(電子の半径は10の-12cm程度である。ここでいう10の-11cmは多分電子軌道、即ち原子の半径10の-8cmから出ているのではなかろうか、と考える。各素粒子にもそれがあると考えられる。この中性芯によって、三次元から四次元以上の高い次元の世界と、縦波の系列によって通じることによって相互交流を行っていると考えられる。