2017年11月5日



フーチでは非常に良いパターンが出ていましたが、
三次元的にうらずけが無いため躊躇っていたのが、
ここへ来て沢山のうらずけが解った。
順次お知らせします。
サイバー大陸の理解が最も大きい



強い日本経済が帰ってきた

週刊現代

 あなたにも、まもなく実感が湧いてくる。大企業は最高益を連発。日経平均は2019年までに3万円へ。株価は景気に先行する。史上初となる日経平均16連騰は、日本の景気回復を暗示する力強い兆候だ。どうせマネーゲームだろう、と疑う人も。真っ当な経済が復活。世界を相手に外貨を稼ぐ。

        ☆メルトアップもある
70%



今!!!世界中,いや地球上あらゆる要素が、
 凄い、良い意味での大変化し、最終的な答を出しつつあります。
 その各要素は無数に有って、
            全く予測がつかない!


 唯、凄い良い方向に向かっているのは事実ですが、その擾乱現象も大変です。(フーチ予測)



これからの1年、日本経済に
何が起きるのか

週刊ポスト
 政治に期待できなくても、外交が無力でも、大企業に不祥事続出でも、株価が上がり続ける理由とは―。ついに「株価ストッパー」が外れた!

「戦後最長の連騰」が大変「めでたい」ことは間違いないが、そこに不思議な感覚を抱く日本人は多いはずだ。その間に政治は総選挙での権力闘争に明け暮れ、しかも「増税」を掲げる政党が勝利を収めた。経済でも大企業の信頼を根底から揺るがす不祥事が世を騒がせた。

 しかし、海外の評価は違う。むしろ、上がり始めるのが遅すぎたと見ているのだ。この株高は、かつてのバブルのような熱狂も興奮も伴わない。だから崩壊を怖がることもない。今後、日本経済を待つのは、「怖くないバブル」という日本人が体験したことのない新しい世界である。

 内部留保は「底力」。熱狂なき上昇の「強さ」。幸せのブラックスワン。 ・・・( ^ω^)・・・70%


メルトアップ
増田  俊男氏
フーチ  80%
 日経平均株価は9月初旬16000円台から先週の終値22008円まで2400円、2か月で12%強の上げである。ニューヨークダウ平均株価も9月初旬22200ドル台から先週終値23434ドル、2か月で約6%上げている。ニッケイのアゲハニューヨークの倍である。
 FRB副議長は「なすべきことせず、誰かの利益の為にメルトアップをするようなFRBには居られない」と言って辞任を決意したそうだ。