2017年10月26日



「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法

大嶋  信頼氏
フーチ  70%
 勝手に心に棲みついた「制限」を外す!「きっと誰かが助けてくれる」と思えない。腸は精神的ダメージの影響をダイレクトに受ける。
「みんな違う!」の強固な自己暗示。脳内の「糖質分泌」をおさえる。そんなときに「血糖値の調和!」と7回頭の中で唱えます。だるさから解放され、体が軽くなる。


   ☆生気体 扁桃核之トラウマぬく
    生気体・82兆細胞・脳一切之不安の念ぬく
    外側視索前野ぬく 内側視索前野ぬく
    すべての人と仲良しノウハウ
    腸にEg入れまくる



武器としての経済学
大前  研一氏
フーチ  90%
 円高でつぶれた会社はほとんどない。なぜ日銀とGPIFが株を“爆買い”しているのに株価がもっと上がらないのか?「マイナス金利」を導入しても景気が良くならないのはなぜ?なぜ失業率が低いのに景気は回復しないのか?

 一例は、クリントン政権時代(1993~2001年)のアメリカだ。ケインズ理論では、インフレを抑制するために金利を引き上げると個人や企業はお金を借りなくなり、消費や設備投資を控えて景気が悪くなるはずだが、当時のアメリカは金利を高くしたら世界中からカネが集まってきて株価も上がり、どんどん景気が良くなったのである。

 ボーダレス経済ではケインズ理論とは正反対の現象が起きる。加えて日本の場合は、世界に類のない「低欲望社会」になっている。日銀のマイナス金利政策によって、個人も企業も驚くほどの低金利で資金を借りることができるのに、誰も借りようとしない。

 たとえば、日銀が発表した2017年1~3月期の資金循環統計によると、家計が保有する金融資産は3月末時点で1809兆円に達し、年度末としては過去最高を記録した。そのうち932兆円が「現金・預金」である。
人々は買いたいもの、欲しいものがないから、それをスズメの涙ほども金利がつかない銀行などにジーッと置いたままにしている。だから、消費が一向に増えないのだ。企業も255兆円の「現金・預金」を後生大事に抱えこんでいる。

 景気はみんなの「フィーリング(感覚)」や「サイコロジー(心理)」で決まる。そして、このフィーリングやサイコロジーというのは、マスコミの“偏向報道”によって拡大・拡散される。つまり、日本の景気がなかなか回復しないのは、フィーリングやサイコロジーの問題なのである。

 しかも、そもそも今の日本はモノが充足している。たとえば、家電製品や自動車などの耐久消費財はそれらを必要としているほぼすべての人が所有している。その耐久期間が6年とすると、買い替え需要が毎年6分の1ずつ出てくる計算になる。

 中国経済は、いつ、何がきっかけで崩壊するのか?これから成長するビジネスの「新たな潮流」は何か?「高齢化」と「少子化」社会で、どんなビジネスチャンスを見いだすべきか?エアビーアンドビーの経済効果は1兆円近く。

重力波治療・・・1

  此れが完璧だと戻らない
重力波のユガミ=病気→憑依も関係深い
 患部の重力波のユガミ
     ↑に(p)でユガミ修正されると完治
    ムーでメビウスして絶対点へも良い


パン、豆類、ヨーグルト、リンゴを食べてはいけません② 終わり

江田   証氏
フーチ 85%
 大腸には、大量の腸内細菌たちが待ちかまえています。糖質(FODMAP)は、小腸での吸収が悪いため、大腸にまで達し、腸内細菌のファーストフードとなり、腸内細菌のエサになります。

 腸内細菌と糖質(FODMAP)は、大腸内で異常な発酵を起こします。発酵にともない、過剰なガス(水素)が発生します。

 ビールやパンをつくると発酵でたくさんガスが発生することはあなたもご存じでしょう。それとおなじことが大腸の中で起こるのです。細菌が糖類などの炭水化物を発酵させると、発生するガスはほとんどが水素と二酸化炭素、またはメタンです。

 その結果として、糖質(FODMAP)を食べる前にはふつうだったおなかも、小腸で過剰にたまってしまった水分と、大腸で大量に発生したガス(水素)によってこんなにパンパンに張ってしまうのです。

 おなかの膨張は、過剰な水分やガスが腸に行き、とくに小腸の最後の九○cmの部分と大腸の先端の後方部分(盲腸のあたり)にたまるのが原因であることが多いのです。おなかがこのように張ると、腸のまわりにある神経が過敏にそれを感じ取ります。その刺激は、神経をとおって、脳に伝わり、疲れ・不安・おなかのさまざまな不快な症状を生むというわけです。

 おなかの調子が悪い人がやるべきことは、さまざまな糖質の中で、FODMAPを含んだ食事をできるだけ避けた食事、すなわち低FOCMAP食を取り入れることなのです。