2017年10月25日



やっぱり!!
今回の選挙の不正が解った
これからはムーで防御できる



要注意の病気


 1.(夏)あらゆる難病、特殊症状の元に熱中症があること多い。熱中症さえ治せばすべて治ることもある。
    ☆自立神経・延髄・甲状腺にEg入れる

 2.(冬)前置は同じ。元にRSウイルスとかコクサッキー  ウイルスの感染があること多い。これらのウイルスぬけば解決多い。


 3.更に少しむつかしい症状の時に、全身及び全臓器がIgG抗体(遅発性アレルギーの抗体)にやられて、アレルギーを発症している事が多い。IgG抗体ぬけば完治。



パン、豆類、ヨーグルト、リンゴを食べてはいけません② 終わり

江田   証氏
フーチ 85%
 大腸には、大量の腸内細菌たちが待ちかまえています。糖質(FODMAP)は、小腸での吸収が悪いため、大腸にまで達し、腸内細菌のファーストフードとなり、腸内細菌のエサになります。

 腸内細菌と糖質(FODMAP)は、大腸内で異常な発酵を起こします。発酵にともない、過剰なガス(水素)が発生します。

 ビールやパンをつくると発酵でたくさんガスが発生することはあなたもご存じでしょう。それとおなじことが大腸の中で起こるのです。細菌が糖類などの炭水化物を発酵させると、発生するガスはほとんどが水素と二酸化炭素、またはメタンです。

 その結果として、糖質(FODMAP)を食べる前にはふつうだったおなかも、小腸で過剰にたまってしまった水分と、大腸で大量に発生したガス(水素)によってこんなにパンパンに張ってしまうのです。

 おなかの膨張は、過剰な水分やガスが腸に行き、とくに小腸の最後の九○cmの部分と大腸の先端の後方部分(盲腸のあたり)にたまるのが原因であることが多いのです。おなかがこのように張ると、腸のまわりにある神経が過敏にそれを感じ取ります。その刺激は、神経をとおって、脳に伝わり、疲れ・不安・おなかのさまざまな不快な症状を生むというわけです。

 おなかの調子が悪い人がやるべきことは、さまざまな糖質の中で、FODMAPを含んだ食事をできるだけ避けた食事、すなわち低FOCMAP食を取り入れることなのです。


11月の内容


1、ムーハウツウが具体的にバンバン使える様
2、絶対点の書き方
3、お詫び日記ハウツウの凄さ面白さをムーで
4、ソマチッドの神品化が究極
5、これが医学の盲点、これで完治の病気色々
6、生命38億年の秘密
7、スカーラは(縦波)が革命を起こす
8、精神面のツボへミラクルカード
9、緊急究極体験ムー
10,サイバー大陸とアメリカの復活(日本)
11、喜びは分かち合うと増える ムーで
12,君は君の花を咲かせる ムーで
13,意識の幅を広げる 見合った物が ムーで
その他緊急体験,提言色々。基礎は感謝法他
ハウツウは星座神霊 とムー三昧