2017年10月17日



カラダにいいのはどっち?
富家 孝氏
フーチ 90%
 ・風邪のときは風呂に入らないほうがいい?
  A.湯船に入るとカラダの調子がよくなる
   B.湯船に浸かると症状が悪化する
     答え A.湯船に入るとカラダの調子がよくなる
 
・冷たい水を積極的に摂るとどうなる?
   A.血液がサラサラになる
   B.血液がドロドロになる
     答え B.血液がドロドロになる


過活動膀胱

 普通、健康な人は400~500mlの尿をためることができますが、過活動膀胱では、100ml前後の尿がたまると膀胱が収縮し尿意をもよおしがまんできなくなります。過活動膀胱は、膀胱が尿でいっぱいになる前に、膀胱が自分の意思に反して、勝手に収縮し尿失禁(尿をもらしてしまうこと)をおこすと考えられています。過活動膀胱の症状は尿意切迫感(突然のき尿意を感じ、がまんできなくなる)、頻尿、切迫性尿失禁です。

治療法
 膀胱の収縮を阻止し、神経に働く、抗コリン剤

 過活動膀胱の治療に使われる抗コリン剤は口が渇く、尿が出にくくなる、便秘、発汗などの症状がみられることもあるが、なかでも過活動膀胱治療のために開発された薬である酒石酸トルテロジンは、こうした副作用が少ない薬として注目されている。

尿道括約筋
副交感神経 にEg入れてアセチルコリンをぬく
排尿中枢

低血圧とは
 低血圧とは、めまいや失神などの症状が出現するほど血圧が低い状態です。正常な場合、体は動脈内の血圧を狭い一定の範囲内に維持しています。
        低血圧のメカニズム
 体には血圧を調節するいくつかのしくみがあり、それによって静脈や細動脈の内径、心臓から送り出される血液の量(心拍出量)、血管内の血液の量などを変化させます。
 これらのしくみによって、運動や睡眠など日常的な活動の間に高くなったり低くなったりした血圧を正常に戻します。
      低血圧の完治の決め手
 圧受容体(調整役)の故障
イ.頸動脈洞
ロ.大動脈弓
 此れらがノイズにやられている
☆イとロにEg入れ、ウイルス、菌、カンジダ、
嗜銀球、寄生虫、トキソプラズマ等抜