2017年10月8日



いっぱい!一杯!(一体!)
心 心 心じゅう
喜びいっぱい 愛いっぱい
 楽しさ 嬉しさ
空いっぱい
空が 山が 渓流が
みんな みんなで
 語りかける 話しかける
大きな雲が ぽっかり浮かんで
呼んでる 呼んでる浮かんで
呼んでる 呼んでる 叫んでる
「みんな集まれ、この指とまれ」
僕はみんなと
いっぱい 一杯 肩組んで
「今いくよ」と 叫んだ

                     こむら

北朝鮮スクープ

 トランプは一線を超えた―。我々は日本の原発を狙う。
☆大変!! 大丈夫、ありえない!フーチ


生命38億年の秘密
シアノバクテリアの出現、光合成生物の出現。ミトコンドリアとは。ミトコンドリアの誕生。
           細胞内共生
 地球上には、シアノバクテリア、真核生物、ミトコンドリアの祖先が生まれた。真核生物がミトコンドリアを吸収して共生を創めると、毒でしかなかった酸素から効率よくエネルギーを取り出すことができるようになった。
 その中からさらに、シアノバクテリアを取り込んで共生する生物も登場した。この取り込まれたシアノバクテリアが葉緑体となり、植物が生まれるのである。
利己的遺伝子とは? 生命の主体はDNA
 イギリスの進化生物学者リチャード・ドーキンスは、利己的遺伝子の概念を提唱している。彼の主張は「生物の主体はDNAであって、DNAが生物の体を乗り物のように自由に操作して自己増殖をしている」というものだ。もちろん、人間も例外ではない。




RESET①

渡邊  延朗氏
フーチ  85%
        壊れゆく地球…
 一九九九年イギリスのラザフォード・アップルトン研究所のグループは“太陽の磁場に異変がみられる”と発表した。この研究グループの発表では、太陽の磁場が過去百年間でなんと二倍以上になっていることがわかった。太陽の磁場の長期的な変化が分かったのはこの時がはじめてだった。
 さらに、過去百年間で○・五度気温が上昇したと伝えられる地球温暖化との関係も原因は太陽磁場の変化にあると、研究チームのリーダーであるM・ロックウッド博士らはみているというのだ。
銀河の中心に見られる“黄金の星雲”
フォトン・ベルトの発見
 ビッグバンの物質創生の温度は、一兆度の一兆倍以上などという説もあるが、本当のことはまったくわかっていない。
物質粒子誕生の宇宙は、想像することのできない超々高熱であったのだ。


フォトンは宇宙から降りそそぐ
強力な電磁波(マイクロ波)

 今地球上の人類を含むほとんどの生命体は、宇宙空間から降りそそぐフォトンのシャワーを浴びている。フォトンは電磁波であり、いわば地上に暮らすすべての生命体は、電子レンジの中に置かれているのと同じ状況下にあるといってもよい。

 フォトンは陽電子と電子が衝突すると双方ともに消滅し、その際に二個または三個のフォトンが生まれる。そのフォトンが帯状になった状態を「フォトン・ベルト」と呼ぶ。

 今世界中でフォトン・コンピュータの研究が急速に進んでいる。光集積回路製造への道は確実なものになりつつある。現在の最重要課題は、光マイクロプロセッサ―を製造するための素材を作り出すことにある。

 近い将来フォトン・コンピュータが完成すると、コンピュータがヒトの脳を機能面で凌駕する可能性がある。現行のコンピュータとは比較できないテラヘルツの世界、つまり一秒間に一兆回の演算処理を実現するのだ。