2017年9月24日



どうせ、でも、だって
・心が折れやすい自分に負けない!
  ミスが許されない時やうまくいかない時は、「気持ち切替スイッチ」を入れよう!   ☆脳の側座核にEg入れる
 ・自信のない自分に負けない!
  自分には何もない…と卑下してしまう人は、強引に「物事のプラス面」を見つけよう! 
☆扁桃核之トラウマぬく

 ・環境に不満な自分に負けない!
  この会社ではいい仕事ができないと思ったら、むしろここがいいと口にしよう! 

☆甘え、内側視索前野エネルギーぬく


救いの手か、貧乏神か
小沢一郎が前原に「急接近」
 小沢氏は一度つくった組織を壊すのも得意。民進党としては、いっそきれいさっぱり壊してもらうのも手か。


宇宙神のささやき②
終わり
原田 三夫氏
フーチ 70%
神は宇宙を創造した
 昔はどの民族も、神が天地万物を造ったと考えた。キリスト教の旧約聖書では、天と地とすべての生物を、神が六日間で造ったことになっている。我々の宇宙神も宇宙を創造したのであるが、そんなに簡単にやったのではない。

 神はまず自然の法則を設定し、それに基づいて宇宙を創造した。新約聖書のヨハネ伝の冒頭に「はじめに言葉ありき、言葉は神とともにあり、言葉は神なりき。この言葉ははじめに神とともにあり、よろずの物、これによりて成り、成りたる物一つとして、これによらで成りたるはなし」とあるが、宇宙神のばあいも、「言葉」を「法則」に替えれば、そのまま適用ができる。しかし人間葉法則の一部を発見したにすぎない。

 法則はいろいろ発見されたが、それがなぜ行われるかは分らない。それは科学で考えることではない。自然科学の役目は、法則を発見することに止どまる。万有引力にしても、それがなぜ働くかは分らない。ただ不思議な力と思われるだけで、その不思議は科学で解くことができないが、かりにそれが絶対の真理であるとして、なぜ、それが働くかが分らず困っている人間に、どこかで神が「引力は、おれが作ったのだよ」とささやくであろう。