2017年7月22日



特にムーハウツウの時の対応
 (又大調和スピンの時も浄化でもよい)。因の対応で、1.因果ウイルス・化学物質…等の時はメビウスで括り、でOK!
2.因が人霊が殆んどの時(先祖霊・水子霊・生霊…等)メビウスなしで絶対大調和無限大波動で浄化してもらった方が答出る。


PP、EPA、FTA…何が違う?
     関税のFTA、より幅広いEPA
「二国間での交渉」が主流になりました。関税の撤廃・削減を定めるFTA(自由貿易協定)や、関税だけでなく知的財産の保護や投資ルールの整備なども含めたEPA(経済連携協定)がそれです。日本は、シンガポールとのEPAが初めてでした(2002年)が、いまや世界全体で271もの協定があります。


薬には必ず、「副作用」がある!
多剤投与になれば、副作用は無限に
増える!
 多剤投与の患者さんの薬に優先順位をつけて、ひとつずつ減らしていくだけで、驚くほど元気になる患者さんが多い。
 細菌をやっつけるとか、痛みを抑えるといった薬の働きのことを「主作用」と呼ぶ。一方、本来の目的とは違う予期せぬ反応(多くは好ましくないもの)を「副作用」と呼んでいる。
   ☆副作用ぬくこと  薬を浄化すること