2017年6月22日



日の出の太陽
周りに紫の大きな玉が
飛び交う とびかう トビカウ
今日を祝福!!
紫の玉とたわむれる
ありがとうございます
アーオーウーエーイー



ダンピング症候群
        早期ダンピング症候群
 胃を切除してしまうと、胃液の分泌量が低下し、貯留機能が失われるために、浸透圧の高い食べ物が胃の中に入ると、その一部はそのままあふれるように腸内に急速に排出されてしまいます。
 主症状は、冷や汗、動悸、めまい、顔面紅潮、全身倦怠感、全身脱力感、全身熱感などです。腹痛、下痢、悪心、嘔吐などの腹部症状を訴える場合もあります。横になると、たいていは症状が治まります。

  後期ダンピング症候群
 胃の内容物の急速な排出によって腸管からの炭水化物の吸収が増大すると、高血糖になります。そこでインスリンが過剰分泌され、逆に低血糖になってしまうことで起こるものです。
 食後2~3時間たって頭痛や倦怠感、発汗、めまい、呼吸の乱れなどが現れるもので、多くは早期ダンピング症候群に引き続いて起こります。低血糖が大きな原因で起こることから、後発性芸結党症候群ともよばれています。
 治療
 早期ダンピング症候群の場合、まず食事療法を徹底します。低糖質、高たんぱく、適度な脂肪の食事で、なるべく水分を少なくします。食事のとり方は、1日5~6回に分ける少量頻回食が理想とされます。冷たい物は避けて、食後は20~30分ほど横になることも必要です。

 後期ダンピング症候群の場合は、1回の食事量を少なくし、ゆっくりと時間をかけてとるようにします。

 逆流性食道炎の場合、就寝のときはあおむけで寝るようにして、上体を10~15度くらい高くすると逆流が起こりにくくなります。



ヘルパンギーナ急増


 患者の年齢は四歳以下が大半で、中でも一歳児が最も多い。エンテロウイルスによって引き起こされ、感染から二~四日後に三八度以上の急な発熱が出て、口の中に水ぶくれができる。口内の痛みを伴うため、飲食物を飲み込みにくくなり、脱水症状になる場合もある。
感染者のせき、くしゃみによる飛沫や鼻水、便などから口を介して感染するため、日常的に清潔さを保つことが効果的とされる。

カンジダ菌
いちどでも抗生物質を飲むと、大腸経由の排出能力が著しく低下します。抗生物質は、小腸・大腸内の善玉菌をことごとく殺してしまいます。

そのため悪玉の酵母菌、特にカンジダ菌が異常発生して、消化器官にはびこります。カンジダ菌そのものも大量の毒素を発生し、カンジダ菌が増えると消化が鈍り、ガスの発生や便秘の原因となるそうです。

太り過ぎの人の体内には、間違いなくカンジダ菌が異常増殖している。過剰なカンジダ菌を排除すれば、無理なく簡単に減量できるしリバウンドもない。

この菌は主に小腸に繁殖しますが、体全体に浸透している可能性もあります。消化不良、糖尿病、うつ病といったあらゆる症状の原因となり得る。このあらゆる症状の原因になり得るというところで調べてみると、本当に多くの症状に影響を与えているのがカンジダ菌。

胸焼け・ガス・膨満感・酸逆流症、にきび、注意欠陥・多動性障害、アレルギー、関節炎、喘息、自閉症、口臭、慢性疲労症候群、循環機能障害、便秘、咳、フケ、うつ病、糖尿病、下痢、胆嚢炎、心臓病、高血圧、高コレステロール、不眠症、炎症・痛み、腎臓結石、腎臓病、勃起障害、多発性硬化症、肥満書、月経前症候群(PMS)、いびき、のどの痛み、腫瘍。
更に難治性の歯周病、強い倦怠感、体のふらつき、アレルギーの悪化、腸の不調、過敏性大腸炎、頻尿、尿道炎、膀胱炎、腎炎、慢性鼻炎、慢性喉頭炎、慢性扁桃腺炎、喉や鼻の慢性症状、蓄膿症、関節の不調、発疹やかゆみ、甘いもの中毒、頭痛、脳に煙がかかったような感覚、化学物質過敏症、酒量の許容量の低下、耳鳴り、視力低下、酒に酔ったような状態、抑うつ、PMS、ホルモン異常。
       ☆胃・腸之カンジダ菌ぬく
全細胞、全臓器からも抜く