2017年6月15日



2~3ミリの動く、はねる
蛙だ!
お前も生命の共演者だ
真っ黒、元気だ!
跳んだ、はねた、一人前だ
仲良くしよう
アーオーウーエーイ-



 超異常気象は日本だけではない。
世界的にもトンデモ現象数々。
天変地変、社会的大混乱、・・・・

・・いよいよか!?
・70年周期と言う人もいますが、
今、フーチの答え(本質生命体の答)が、根本的な事についてはアイマイな事が間々ある。
・・
フーチでは8千に一度の局面がこれから10年と出る。

  価値観の大転換!!
物から心(ロマンチックな話ではない)
 いよいよ益々、プラズマ大調和翔まくる、全てに・・・!!  人、物、事、全てに・・・


神・時間術①
横沢  紫苑氏
フーチ  70%
「時間」は、人生の「通貨」です。「時間」を「どのように使うのか?」によって、ありとあらゆるものを手に入れることができます。しかし、1日24時間しかないので、「それをどのように使うのか」で人生が決まります。
 つまり、時間術を制するものが、人生を制し、仕事で成功し、幸せな家庭を築くことができるのです。仕事術にはいろいろありますが、最も重要な仕事術は、「時間術」なのです。

 ☆氏名    之脳をメビウスで括る それでOK!

 私たちが日々行う仕事は、非常に集中力を要する仕事と、集中力をさほど使わなくてもできる仕事に二分できます。これを「集中仕事」と「非集中仕事」と呼びます。

    集中力を完全にリセットする裏技とは

 運動は、脳に対してものすごくよい効果を発揮します。「有酸素運動」をすることで、BDNF(脳由来神経栄養因子)という脳を育てる物質が分泌され、意欲を高めるためドーパミンという脳内物質も分泌されます。結果として、集中力が高まるだけではなく、記憶力、思考力、作業遂行能力など脳の多くの機能がアップするのです。


日本人に多い「高濃度乳房」
がん検診、マンモに限界

川崎市の風間沙織さん(52)は10年以上マンモグラフィー検診を毎年受けていた。「異常なし」の結果が続き、安心していた。

妹が乳がんになった3年前、マンモと超音波(エコー)の検査を両方受けた。医師はマンモの画像を見て「これではよく見えないね」。エコー検査で左胸に約1・7センチの腫瘍(しゅよう)が見つかり、病理検査でがんと確定、手術で全部摘出した。後で自分の乳房が「不均一高濃度」と知った。

乳房内は母乳を作る乳腺が張り巡らされ、乳腺密度が高い順に、「高濃度」「不均一高濃度」「乳腺散在」「脂肪性」の4段階に分類される。「高濃度」と「不均一高濃度」は日本人の約5~8割とされる。

マンモではやわらかい脂肪は黒く、かたい乳腺は白く写る。腫瘍のしこりも白く写るため、中村清吾・昭和大教授(乳腺外科)は「乳腺が発達しているほど画像が白く見え、乳腺の白いかげに隠れてがんを見つけにくい」と話す。