2017年5月7日



○十五歳!誕生日!少しアセリ?
俺のミッションは何だ…かなり解った!
・・・・やれる事
目の前の事を着実に
やっていく アーオーウーエーイー
・・・・・
見渡す限りミドリ
田畑も山々も ・・幸せの風景
キリクキリりクオンケンバヤソワカ
感謝・感謝・感謝・・・・



血管対策
 脳・心臓・頸動脈の全血管之内皮細胞之
 血栓・アテローム・血小板
及びIgG抗体(重要)のメンタルレベル抜く

  アンチエージングの決め手は全血管に遅発アレルギーが起こっている事の解決が決め手の様です。
 ・・・・・


 たったこれだけで、無茶苦茶健康になった人続出!


、腎盂腎炎 腎盂だけでなく→腎実質→腎杯にも感染がある事多い。

大腸菌〔グラム陰性桿菌〕緑膿菌、腸内球菌、ブドウ球菌等にヤラレル
   上行性が多く 尿道、膀胱、尿管腎盂、腎実質へ
    血行性〔他の場所から〕リンパ性〔リンパ管経由〕は少ない
   単純性は直ぐOKですが、複雑性は原因が他にある。
    尿路結石、腎結石、これが気が付かずに居る
 ウラジロガシの葉をせんジて飲むのが早い

通風、糖尿、高血圧等。
   慢性  腎炎の活動期と非活動期を繰り返す。
               微熱、腰痛、倦怠、不定愁訴、
腎盂、腎杯、腎実質にEGを入れ、該当の細菌、フリーラジカルを抜く
  別に原因がある時は先ずそれを治す。


【バセドウ病とは】
 血液中の甲状腺ホルモン(チロキシン、トリコードチロニン)がふえすぎるために、さまざまな症状があらわれます。

 血液中の甲状腺ホルモンがふえすぎる原因は、つぎの四つに分けられます。
①甲状腺に異常がおこって、甲状腺ホルモンがどんどんつくられ分
 泌される。
②炎症などによって甲状腺が壊され、多量のホルモンが血液の中に漏れてくる。
 ⑧甲状腺の腫瘍が甲状腺ホルモンを多量に分泌する。
 ④甲状腺機能低下症や甲状腺癌の治療のために、甲状腺ホルモン薬を
  飲んでいるときにもおこることがある。
 バセドウ病とは①の場合で、甲状腺機能が亢進することにより血液中
 の甲状腺ホルモンが増えすぎて、さまざまな症状が出てくる。
  2、3、は甲状腺中毒症とも言う。

症状 脈が速く動悸がする、汗が多い、疲れやすい、息切れ、手の指。(ときに足やまぶたや舌)がふるえる、脱力感、微熱、いらいらして落ちつきがなく神経過敏、暑さに敏感、不眠、月経異常、下痢、排便回数がふえる、渇き
 体重減少・時に増加。
 甲状腺機能亢進症の90%がバセドウ。甲状腺腫が必ずある。
対応
  甲状腺腫のEGを抜き、甲状腺組織にEGを入れ、それらから、
 IgE,G抗体・ホルムアルデヒド・マスト細胞・寄生虫・コクサッキー ウイルス/
フリーラジカル・ブドウ球菌等を抜く
抗核抗体・免疫複合体・あでのウイルス・抜く
血液の過剰甲状腺ホルモン抜く