2017年5月6日



五月晴れ???黄化学スモッグ晴れ!
でも森の木々の芽、芽、芽・・
生命の輝き、勢い・・・‥頼もしい!
色々な芽、色々な色、勢いも色々で生命の合唱!
全ては一体・・・輝く輝く輝く
ミドリ緑みどり緑・・ソマチッドの洪水
アーオーウーエーイ-


 究極の究極 マル秘仲良しノウハウ

一、相手を甲、自分を乙
  イ、甲の基本浄化p1 ロ、甲の外側視索前野 抜く(時に内側ーー)
  ハ、甲の左脳の酸素を抜く
二、甲の生気体
    82兆細胞  ↑  乙の生気体  入霊
     脳一切
   甲、乙の逆もやる方がいい場合はイを完全にしておく。
  甲、乙合体密度百%までもっていく。
三、人以外、物(商品)、場所との仲良しノウハウもやる
   物、場所にも生気体がある 甲の所が商品、機械、場所となる
四、メビウスを使う


五、星座神霊を使う 人類日の出生魂之座 星座97縦48星神 甲乙に入神
六、マル秘術 本当に良い事だけに使う
 A、甲の七つの体、チャクラを全部抜く 5分
 B、甲の脳の酸素を抜く 5分
 C、極限状態の時 乙の生気体を入れる
 D、甲に対する乙の思いを徹底的に伝える(イメージ日記、お願い日記もよい)
    買って欲しい、考え方変えて欲しいーーー
    この内容が客観的に正しい事でないと神のボウドク、自分がダメになる
 E、あとでA、Bを戻す  1、2、3、4、5はこれと併用しても良い





バセドウ病とは】

 血液中の甲状腺ホルモン(チロキシン、トリコードチロニン)がふえすぎるために、さまざまな症状があらわれます。

 血液中の甲状腺ホルモンがふえすぎる原因は、つぎの四つに分けられます。
①甲状腺に異常がおこって、甲状腺ホルモンがどんどんつくられ分
 泌される。
②炎症などによって甲状腺が壊され、多量のホルモンが血液の中に漏れてくる。
 ⑧甲状腺の腫瘍が甲状腺ホルモンを多量に分泌する。
 ④甲状腺機能低下症や甲状腺癌の治療のために、甲状腺ホルモン薬を
  飲んでいるときにもおこることがある。
 バセドウ病とは①の場合で、甲状腺機能が亢進することにより血液中
 の甲状腺ホルモンが増えすぎて、さまざまな症状が出てくる。
  2、3、は甲状腺中毒症とも言う。

症状 脈が速く動悸がする、汗が多い、疲れやすい、息切れ、手の指。(ときに足やまぶたや舌)がふるえる、脱力感、微熱、いらいらして落ちつきがなく神経過敏、暑さに敏感、不眠、月経異常、下痢、排便回数がふえる、渇き
 体重減少・時に増加。
 甲状腺機能亢進症の90%がバセドウ。甲状腺腫が必ずある。

対応
  甲状腺腫のEGを抜き、甲状腺組織にEGを入れ、それらから、
 IgE,G抗体・ホルムアルデヒド・マスト細胞・寄生虫・コクサッキー ウイルス/
フリーラジカル・ブドウ球菌等を抜く

抗核抗体・免疫複合体・あでのウイルス・抜く
血液の過剰甲状腺ホルモン抜く