2017年5月5日






4時
pm2、5粒子の蔓延する空
星は一個も出ていないが
お月様のみボッヤっと・・・
まさに今の世の中の象徴
アーオーウーエーイー


ドルの自由裁量権を持ち情報と軍事力をほしいままにしてアメリカを支配してきた「軍産」との戦いにトランプが勝てばアメリカの主権を取り戻し、同時にアメリカを財政破綻から救うことが出来る。
 これは何を意味するか  株価暴騰!???歴史的事件
探査時点移動法でやってみよう



30年を一足飛び
あっという間に〈二、三カ月)気功治療師30年のベテラン以上の気功師へ
Мさんのやり方
 基本浄化の全項目を30行ぐらいに書き、それを縦2cm×横Ⅰcm位に縮小コピーして
12鏡に貼ったものを常に身に着けています。
 ムーハウツウをする場合は、その基本浄化の縮小コピーを張り付けた12鏡を絶対点に置いて付箋紙に色々書いて読んでいます。
 又、日々の基本浄化も縮小コピーを張った12鏡を絶対点に置いて、基本浄化項目を読んでいます。


一、腎盂腎炎 腎盂だけでなく→腎実質→腎杯にも感染がある事多い。
大腸菌〔グラム陰性桿菌〕緑膿菌、腸内球菌、ブドウ球菌等にヤラレル
   上行性が多く 尿道、膀胱、尿管腎盂、腎実質へ
    血行性〔他の場所から〕リンパ性〔リンパ管経由〕は少ない
   単純性は直ぐOKですが、複雑性は原因が他にある。
    尿路結石、腎結石(これが曲者で裏白樫の葉をせんじて飲むが早い(今では薬局にある)
、通風、糖尿、高血圧等。

   慢性  腎炎の活動期と非活動期を繰り返す。
               微熱、腰痛、倦怠、不定愁訴、
腎盂、腎杯、腎実質にEGを入れ、該当の細菌、フリーラジカルを抜く
  別に原因がある時は先ずそれを治す。


心臓喘息

 心不全のときにみられる発作性の呼吸困難をいいます。
 肺水腫です。呼吸するたびにゼーゼー、ヒューヒューという音が出て、気管支喘息とよく似ています。
 左心不全つまり左心室の心筋の収縮力、が弱り、左心室のはたらきが低下すると、左心室から大動脈へ十分な血液を送り出せなくなり、そのためにその上流の肺動脈に血液がとどまってしまいます。これを肺うっ血といいます。
 肺にうっ血が生じると呼吸困難がおこってきます。多くは夜に、ひと眠りしたころ、急に苦しくなり目が覚めます。発作がおこると、しばしば苦しくて寝ていられないほどになり、上半身をおこして息をします。これを起坐呼吸といいます。咳や痰、ときには血痰も出ることがあります。 左心不全の程度が軽ければ、息苦しい、胸苦しいといった程度ですみますが、重症になると喘息発作のような呼吸困難が発生します。発作は数分から数十分続き、しぜんになおってしまうこともよくあります。すぐになおりそうもないときは、急性心筋梗塞と同じ程度に危険で、救急入院が必要になります。
 対応  左心室・心筋にEGを入れ、コクサッキーウイルス・フリーラジカル・歪電子・IgE,G抗体を抜く。
 化学物質(pm2,5等)時に癌モドキ抜く
 更に、肺動脈血管にEGを入れ、血栓・アテロームを抜く