2017年4月20日




1匹のシマスズメの
十匹いるかと?間違えるほどの
元気なサエズリを続ける
可愛い・・・・

 緑色に映えた麦畑の絨毯
ホッとする音色
愉しい一日が始まる
 有り難う御座います
  キリクキリリクオンケンバヤソワカ



家電も小売りも飲み込まれる
Amazon「声革命」に潜む深謀遠慮

 今回のCESで注目を集めたのは、14年11月に米国で発売された円筒型のワイヤレススピーカー、そしてその心臓部であるアレクサだ。
 音声を認識し、様々な操作が可能となる。アラームなどの機能のほか、ネットワーク経由でAmazonやパートナー企業の様々なサービスと繋がり音楽をストリーミングする、タクシーを呼ぶ、ピザを注文するなど、多種多様な機能が「話しかけるだけ」で操作可能となっている。

これにどう時空研が対応するか!?



伝説の超古代文明「ムー」
 ムーを統治していたのは宇宙創造神の地上代理人である賢者の王ラ・ムーである。国民はラ・ムーのもと、優秀な学問と文化、建築、航海の術を発達させていた。そして太陽の象徴を旗印に、世界をその支配下に置いていたという。しかし今から約1万2000年前、突然悲劇が訪れる。不気味な地鳴りとともに湧き起こった大地震が大陸を襲い、それにともなって発生した大津波にのみ込まれ、わずか一夜にしてすべてが崩壊してしまったのである。

「ナーカル碑文」は実在するのか

チャーチワードによれば、彼が記したムーの伝説は「ナーカル碑文」と「メキシコの石板」という2種類の古文書をもとにしているという。これらはムーの聖典「聖なる霊感の書」をもとに記されたもので、ムー伝説を知る上での最重要文献という位置づけになるようだ。☆100% メキシコの石板 ☆100%

メキシコの石板からムーの伝説を“解読”できたと主張しているのはチャーチワードただ一人。他には誰もいない。☆100%「トロアノ古写本」、「ラサ記録」。

日本人と南方ポリネシア人との言語的な類似性なども、韓国や中国とは異なり多く見られるとのことである。更に与那国の海底では古代殿跡が存在する。古代日本人は広大な海を渡って、ひとつの縄文文化圏を創っていたのである。

真菌[シンキン]
 さまざまな多細胞性(または多核性)または単細胞性の真核微生物.前者は糸状菌、後者は酵母と区別して呼ばれることがある.真菌は葉緑素を含まない点で藻類と,硬い多糖性細胞壁をもつ点で原虫と,それぞれ区別されるが,いずれも絶対的な基準にはならない.
 約50,000種あるといわれる真菌菌種の大部分は糸状菌で占められ,その栄養形は菌糸からなる.一方,酵母の栄養形は主として単細胞性であるが,これらのなかには仮性菌糸や真性菌糸をつくるものがある.
 一部の真菌は,通常は菌糸をつくって発育するが,適当な環境条件下では酵母形をとる.
 最近の分類学によれば,真菌は,(1)ツボカビ,(2)接合菌,(3)子嚢菌,(4)担子菌,(5)不完全菌,以上5つの門に分類される.前2者を下等真菌,後3者を高等真菌と区別することもある.いずれも従属栄養性であり,有性生殖および(または)無性生殖によって増殖する.
 大部分の真菌は好気性であるが,一部の真菌(そのほとんどは酵母)は通性嫌気性を示す.偏性嫌気性の真菌はない.
 真菌の生態は菌種によってさまざまである.土壌中,水中,動植物の死体やそれから作られる素材などに腐生的に生息して物質循環に重要な役割を演じる一方,動物,植物,他の微生物に共生体,寄生体または病原体として存在する.真菌がさまざまな物質の分解・代謝能をもつことから,食品や産業製品を劣化させたり,マイコトキシン(かび毒)をつくって中毒症をひき起こすという有害面が指摘される反面,種々の発酵食品の製造や抗生物質の生産など有用面も大きい.真菌が医学的に最も深くかかわっているのは,真菌症の起因菌としてであり,これについでアレルギー性疾患の原因抗原としてである.



 深在性カンジダ症は,深在性真菌症のなかでも最も発生率の高い日和見感染症である.さまざまな基礎疾患や医療管理によって易感染状態に陥った患者は容易に発症するが,とくに好中球減少症とIVHは最大の危険因子である.その結果,カンジダ血症,消化管カンジダ症,肺・胸膜カンジダ症,カンジダ髄膜炎,尿路カンジダ症,播種性(肝・脾・腹膜)カンジダ症など多彩な病型の感染が起こる. 

カンジダ性指趾間びらん(糜爛)症[カンジダセイシシカンビランショウ]

 主な病原菌はである.皮膚カンジダ症の中で頻度の高いもので,食品製造業,調理師,美容師などの水を頻繁に扱う職業および主婦に多い.とくに指の太い人にできやすい.すなわち局所の湿潤が発症の要因となる.そのほとんどは第3指間であるが,第4指間,第2指間がこれに次ぐ.はじめ紅色斑であるが白色浸軟し,表皮が脱落して辺縁に浸軟皮膚の残存した紅色びらん面となる.指間部以上には広がらない.水仕事を休止するか治療により紅色斑となりやがて治癒する.趾間は第3, 4趾間に好発するが紅色びらんが指間に比べて著明でなく,白癬菌による白色浸軟と区別し難いこともある.診断は特徴的な皮疹で可能であるが,菌要素の検出で確認される.治療は水仕事の制限あるいは乾燥に留意し,イミダゾール系外用薬を用いる.

カンジダ性爪囲爪炎[カンジダセイソウイソウエン]
 Candida albicansの感染による.発症頻度が高く治療に抵抗する.日常,水を扱う食品製造,調理関係,主婦に多い.右側に発症しやすく第3指に多く第5指に少ない.爪囲とくに爪根部の発赤腫脹,爪上皮の消失をみ,軽い圧痛があり圧迫により少量の排膿をみることがある.爪囲近接部が黄褐色調となり凹凸不平,横溝を形成し,次第に先端部に拡大するが爪甲の破壊はない.治療は水仕事の制限とイミダゾール系外用薬の塗布.一般細菌の混合感染のため抗生物質の内服を要することがある.

 カンジダ尿路感染症[カンジダニョウロカンセンショウ]
 カンジダによる腎・膀胱などの感染症をいい,時に菌塊を形成し,尿管などの閉塞をきたすなど,特有な症状を呈することがある.真菌性尿路感染症とほとんど同義的に用いられることも多い.単に尿中にカンジダを認めるだけの状態はカンジダ尿症と呼ばれる.原因としてはCandida albicansが最も多いが,,カンジダ以外ではTrichosporon cutaneum,Torulopsis glabrataなども原因となり得る.発生要因としては悪性腫瘍,血液疾患,糖尿病,尿路留置カテーテルの存在,長期入院,制癌剤や免疫抑制剤,広域抗生物質の長期連用などがあげられる.尿中にカンジダが認められても,一過性のカンジダ尿症であることが多いため,くり返し培養を行い,定常性のある場合や,他に症状や膿尿の原因が認められない場合にはじめて治療の対象となる.
 対応
 右記のそれぞれの患部からカンジダ・真菌等を抜くしかない。
  しかしかなり即効的な効果もある。
 理解しておかないとイケナイのは
  常識的に考えられている部位に止まらず色々あると言う事。
 例えば、膣以外に子宮各部位・皮膚・指趾間糜爛
  爪囲・口腔内・消化管・尿路・血液・胸膜・髄膜・
  肝・脾・腹膜・・・・・・・・