2017年4月18日



ある日
生命が降ってきた
無限の生命
相結合するフォロスフィールド

十方世界コトゴトク
生命
そしてソマチッドが絡んだ世界
全てを新品にしましょう

・・・・実相円満完全
アーオーウーエーイー



難病に珪素

フーチ 95%
 さまざまな病気を引き起こす要因とは、いったい何でしょうか。それらは第一に腸の腐敗環境であり、もうひとつが毛細血管の変化なのです。
「水溶性珪素」があなたを変える
 珪素は生物の身体を構成する源とも言える成分で、五臓六腑など身体の重要な器官は珪素で攻勢されていることが分かってきました。珪素は英吾でシリコンとも言われ、酸化しない物質なのです。
地球上には非常に多く存在する元素で、イモ類や海藻類、精白していない穀類などに多く含まれ、いわゆる「食物繊維」はその大部分が珪素です。私たちの体内では骨や血管に多く含まれますが、年齢とともに少しずつ失われていきます。
 体内の酸化を抑える、珪素の強力な抗酸化力。高純度水晶石の活用と植物性繊維から抽出された「水溶性有機珪素」。
   従来の健康食品とは決定的に違う珪素
 この珪素は、これらのサプリメントとは大きく違い、特定の作用と言うものを持っていません。ガン細胞を攻撃することもなければ、血糖値を下げることもない、むしろできないと言ったほうがよいかもしれません。珪素はもともと、特定の病気を治したりするような、華やかな機能を持っていないのです。
 その一方で、珪素は地味ながら実に多彩な働きを見せてくれるのです。元気な人の腸や胸腺を修復して免疫力を高めてくれます。また毛細血管をしなやかで強く修復し、血管内に溜まった酸化LDLコレステロールを分解、汚れをきれいにすることで血流を改善します。
  身体によい食物繊維、その正体は珪素だった!

 珪素は植物や海藻類の「細胞壁」を構成する成分です。細胞壁とは名前の通り細胞の外壁のようなもので、細胞が潰されたり、中身が漏れ出したりしないようにしっかりと保護する役目を持ちます。この細胞壁が食物繊維であり、それを構成しているのが珪素だ、というわけです。人体の重要な器官の主成分は珪素。
私たちは今、重金属中毒症状態

 すでに皆さんの身体の中で重金属中毒症を起こす毒が蓄積されていることです。最近では福島原発の事故によって問題になっているヨウ素131、コバルト60、セシウム137なども同様にある種の金属中毒と言えるでしょう。いったん体内に入ると長期間蓄積されていきます。放射性物質「セシウム」を吸着させる食物繊維は珪素。

真菌[シンキン]
 さまざまな多細胞性(または多核性)または単細胞性の真核微生物.前者は糸状菌、後者は酵母と区別して呼ばれることがある.真菌は葉緑素を含まない点で藻類と,硬い多糖性細胞壁をもつ点で原虫と,それぞれ区別されるが,いずれも絶対的な基準にはならない.
 約50,000種あるといわれる真菌菌種の大部分は糸状菌で占められ,その栄養形は菌糸からなる.一方,酵母の栄養形は主として単細胞性であるが,これらのなかには仮性菌糸や真性菌糸をつくるものがある.
 一部の真菌は,通常は菌糸をつくって発育するが,適当な環境条件下では酵母形をとる.
 最近の分類学によれば,真菌は,(1)ツボカビ,(2)接合菌,(3)子嚢菌,(4)担子菌,(5)不完全菌,以上5つの門に分類される.前2者を下等真菌,後3者を高等真菌と区別することもある.いずれも従属栄養性であり,有性生殖および(または)無性生殖によって増殖する.
 大部分の真菌は好気性であるが,一部の真菌(そのほとんどは酵母)は通性嫌気性を示す.偏性嫌気性の真菌はない.

対応
 右記のそれぞれの患部からカンジダ・真菌等を抜くしかない。
  しかしかなり即効的な効果もある。
 理解しておかないとイケナイのは
  常識的に考えられている部位に止まらず色々あると言う事。
 例えば、膣以外に子宮各部位・皮膚・指趾間糜爛
  爪囲・口腔内・消化管・尿路・血液・胸膜・髄膜・
  肝・脾・腹膜・・・・・・・・


                 
「平穏死」10の条件
長尾 和宏氏
 いくら平穏死を強く望んでも、簡単には叶わない時代に我々は生きている―。
 グルメ情報や金融情報などというと目の色を変えて探すのに、自分自身の「命の終わり方」となると「よろしくお願いします」と、いとも簡単に医者に任せる人が実に多い。望んだように死ぬことができないのが現実だ!
在宅療養でも痛みのコントロールはできる!
 在宅医療の良さは、最期まで事故ある「生」を楽しめることです。もちろんその土台には緩和医療の技術があることは言うまでもありません。そしてもうひとつ。
 病院では規則を守らない「問題児」こそが、在宅では最期まで自分の生を楽しめる「優等生」になれるのです。
     看取りの実績がある在宅医を探そう
「訪問診療」は、あらかじめ申し合わせたある曜日のある時間に医師が訪問すること。それ以外の時間に患者さんの求めに応じて診察に向かうことを「往診」と言います。昔の在宅医療といえば、往診のみだったでしょう。しかし現代の在宅医療制度は、「訪問治療」と「往診」の2大柱から成り立っています。24時間体制の医療費を算定するなら、両方が必須条件です。しかし訪問診療だけ行い、手間がかかる往診は実質的に行わないという在宅療養支援診療所があるそうです。