2017年4月5日



・キジが一匹
・ノッソリノッソリ
・庭を横切る
・我が家のつもりで
・警戒心も無くノンビリゆっくり
・平和な朝
・もうすぐ太陽が昇る
・アーオーウーエーイー


氏名   之体内外全酵素2万種の一切之メンタルレベル
  酵素の所をムーハウツウの絶対点へ
   超弩級大健康
   大アンチエイジング(ダイエット大成功)


本格始動したトランプ政権②
終わり
ベンジャミン氏
フーチ 80%
 アメリカ内で発生している混乱はアジアにも波及し始めている。水面下では、アメリカの傀儡国家である北朝鮮の参謀が「中国寄りの政策」を取り過ぎていたために更迭されるといった出来事も起きている。また情報源らによると、2月13日に発生した「北朝鮮の金正男暗殺」もアメリカと中国による「北朝鮮の取り合い」が発端だったという。

 同筋の話では、中国は金正男を擁立して「北朝鮮の乗っ取り」を計画していた。つまりは「金正恩を傀儡とするアメリカ」が「金正男を傀儡にしたい中国」を牽制して暗殺計画を実行したのだという。

  そして、北朝鮮が2月12日の日米首脳会談中に発射した弾道ミサイルが約550キロメートルの高度に達していたことについても、同情報源らは「今後、アメリカの実質植民地である北朝鮮が世界中どこにでも核ミサイルを飛ばせることが証明された」と話している。

 要は、どちらの出来事も「我々の植民地である北朝鮮に手を出すな」というアメリカの世界(特に中国)に向けたメッセージだったというのだ。



脳内不安物質

          青斑核

 青斑核の神経細胞からは、「ノルアドレナリン」という興奮性の神経伝達物質で作動する神経線維が出て、視床下部から大脳辺緑系、大脳皮質のすみずみまで達する「青斑核ノルアドレナリン系」と呼ばれる神経経路を構成しています。
       青斑核は不安・恐怖の源
 青斑核ノルアドレナリン系の役割は、さまざまな感覚情報を脳内で統合し処理することですが、とりわけ、私たちが生存するために必要な感覚情報を取捨選択する神経回路です。そして、ひとたび、生存にとって有害で危険な情報を察知すると、警報を発するシステムでもあります。ですから、その源になる青斑核は、不安・恐怖を起こす中心的な部位であると言っても過言ではありません。
パニック障害  自律神経の発作
 パニック障害を脳病理学的に見ると、パニック発作すなわち「自律神経発作」、「予期不安」、および「恐怖症・回避行動」という三つの基本症状に分けることができます。このような症状が、それぞれどのような脳内機構を介して出現するのか考えてみましょう。

 まず自律神経発作は、青斑核の極度に激しい興奮であると考えられます。サルの青斑核に電極を入れ電気刺激をすると、サルは不安・恐怖状態になります。このときに見られる自律神経症状は、パニック発作時に見られるものと大変よく似ています。