2017年3月30日



どうやらプラズマが決めて
プラズマ球は次元の壁を超え
プラズマ大調和は
実相を具体化する
不可能は無い
この辺りのメッセージをjavascript:void(0)
・・・・・・・・・・・
何としても
アーオーウーエーイ-


家で穏やかに死んでゆく方法
            筒井 康隆氏×長尾 和宏氏
 医師が薬物を投与することで患者を死に至らしめる「積極的安楽死」は、日本では認められていない。一方、「尊厳死」は回復の見込みのない患者が延命治療を拒否して亡くなることを指す。

「SAPIO」の論考でも、尊厳死は治療を絶つことによる苦痛が伴うから安楽死ではないと書かれていますが、それは間違いです。無理に延命治療をやるから苦痛がおきる。延命治療をやめて、緩和ケアに専念すると苦痛がなくなって穏やかに死ねます。

 自分が意思を示せない状態になった場合、無駄な延命治療はやめてくれ、モルヒネを打つなど十分な緩和ケアをしてくれという意思を示すものです。

髄液性鼻漏(鼻内髄液漏)
髄液鼻漏ですが、頭部や顔面の外傷の後、脳脊髄液と鼻、副鼻腔の間に交通路が出来る場合です。(前額洞後壁や、篩骨洞天蓋、蝶形骨など)
鼻内鼻水のぶどう糖診断(髄液にはぶどう糖が多い)をしてテステープなどぶどう糖で陽性ならこれも疑います。

☆周辺細胞にEg入れ、フリーラジカルウイルス等ぬく。

世界の潮流が変わった②
増田 俊男氏
フーチ 90%
  与えられたトランプの役割、それは現状破壊
 米英は法人税をカリブ海等にタックスヘイブン国家並み(20%前後)に引き下げEU加盟国のみならず、世界中から企業を米英に誘致する。

 トランプの法人税引き下げの真の狙いは、米企業の国内帰還のみならず他国企業をアメリカに取り込むためである。今までアメリカはタックスヘイブン国を所得隠しや企業流出源の悪徳国として厳しく取り締まってきたが、一転して自らタックスヘイブン(租税回避国)という悪徳国家に転身することになった。

 トランプは遠大なアメリカの指針と国是の大転換を目論んでいる新勢力のピエロに過ぎない。トランプをピエロとして使う勢力は自由拡大の波に乗って世界に進出した資本を国内に帰還させると同時に国境を封鎖して人、モノ、情報、金の出入りを取り締まろうとする。

 アメリカから自由化の遅れや為替操作国と非難されてきた中国の習近平主席が招待され、「中国は自由貿易の国際化の先頭に立って戦う」と宣言、自由を国是としたアメリカが独善、独裁国家  中国が自由の旗頭になることになった。
 TPP加盟国であるオーストラリアとニュージーランドはトランプのTPP永久離脱を受けて中国に参加打診を行っている。TPPと日中主導のRCEP(東アジア地域包括的経済連携)の統合などが話し合われている。

心不全とは
   心不全とはどんな病気か
 私たちのからだが活動を行うためには、全身の組織において栄養分や酸素が必要です。心臓は、栄養分や酸素を含んだ血液を全身に送り出すポンプのはたらきが低下して、全身が必要とする血液を十分に送り出すことができなくなった状態を心不全といいます。
   心不全の種類
①急性心不全とは、急性心筋梗塞症などの急性の病気が原因となって、それまで症状がなかった人に呼吸困難、血圧低下などの心不全の症状が急に出現するもので、緊急の入院治療が必要です。
②慢性心不全とは、心臓弁膜症や心筋症が原因となって心臓のはたらきが低下し、運動時の動悸、息切れ、呼吸困難や足のむくみなどの症状が慢性的に持続しているものです。
また心不全は、左心室と右心室のどちらのはたらきがおもに低下するかによって、左心不全(左心室のはたらきが低下する)と右心不全(右心室のはたらきが低下する)に分類することができます。
症状は三つに分けられる
 心不全の症状は、おおまかに、肺うつ血症状、体静脈うっ血症状、心拍出量低下症状、の三つに分けられます。
○肺うっ血症状①
 左心室のはたらきが低下しておこる左心不全では、左心室から血液を送り出す能力が低下するので、その手前(上流側)に位置する左心房や肺静脈に血液の停滞がおこります。これを肺うっ血と呼びます。
 ○体静脈うっ血症状②
 右心室のはたらきが低下しておこる右心不全では、右心室の手前(上流側)に位置する右心房やさらには体静脈(全身から心臓へもどる静脈)にうっ血がおこります。
    ○心拍出量低下症状③
 心拍出量とは、心臓というポンプが全身に送り出す血液の量のことで、正常人の安静時では毎分五~七リットルです。心臓のはたらきが低下すると、心拍出量が、毎分二・五~四リットル程度まで低下し、それによる症状が出現します。